ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

岡山=天文イメージの浸透を図るには―旭川市科学館 サイパルを訪ねて―

岡山=天文イメージの浸透を図るには―旭川市科学館 サイパルを訪ねて―_c0326333_07474418.jpg

岡山県は地域課題解決支援プロジェクト「天文・星空資源の活用による誘客促進」協議会を立ち上げて、
誘客につながる天文・星空資源の磨き上げをしようとしている。これまでも様々な取組があった訳であるが、
岡山=天文イメージの浸透を図り切ることは出来ていないように感じる。

先日、8mドーム口径65㎝の反射カセグレン式望遠鏡と5mドーム口径20㎝の屈折天体望遠鏡を持っている旭川市科学館 サイパルを訪ねたのだが、
ここは中心市街地からのアクセスが良い。旭川駅からも歩こうと思えば、歩ける距離にある。
こうした場所にあるからこそ、天体観測を身近に感じることが出来る。
また、この施設には低重力状態を疑似体験できるムージャンプ、無重力状態を疑似体験できる宇宙ゴマなどがあり、自分自身の身体で宇宙を体感できるようになっている。
もちろん、プラネタリウムもある。
色々なことを通じて、宇宙への興味が湧くようになっている。
こうした場所が子どもの好奇心を大きく育てるのではないかと思う。
当日も、遠足で来ていた子どもたちがとても喜んでいた。
そして、私も望遠鏡で金星を見せてもらった。
ただ見ただけだが、とても良かった。
こうした感動を岡山でも味わうことができれば、岡山=天文イメージの浸透を図って行くことが出来るのではないだろうか。

                                             太田 正孝



# by masataka2014 | 2019-11-12 08:18 | 正孝の活動 | Comments(0)

旭川北高校の取組から。

旭川北高校の取組から。_c0326333_07551611.jpg


 今年のアーチェリー個人女子全国大会で優勝者を輩出している旭川北高校を訪ねた。こちらの学校はアーチェリーだけでなく、過去には硬式野球部が甲子園に出場をしたこともある。そして、ここ三年連続で、国公立大学に130名以上の合格者を出している。現役はいずれの年も100名を超している。

 こうした文武両道についてお伺いをすると、なるほどと思うことがたくさんあったのだが、とくに感じたところを一点書かせて頂きたい。
 それは英語教育である。
 お訪ねした日に、外国人講師による英語授業を見学させて頂いたが、少人数学級で行われていて、生徒たちは積極的に授業に参加をしていた。
 進路指導の先生にこのあたりのことをお訊ねすると、周辺のどの学校よりも先駆けて新しい取組をしてきたことが好結果に結びついているのではないかとの話が返ってきた。

 子どもたちに良いことであれば、先例がなくても、信念をもって続ければ、きっと結果はでるとの思いをした次第だ。
                                         太田 正孝

# by masataka2014 | 2019-11-11 22:37 | 正孝の活動 | Comments(0)

特色ある入試へのチャレンジ―北海道の公立高校が採用している「裁量問題」から―

特色ある入試へのチャレンジ―北海道の公立高校が採用している「裁量問題」から―_c0326333_07544676.jpg



 北海道公立高校で現在採用されている「裁量問題」。この裁量問題は2022年にはなくなるそうですが、どういうおものかと言いますと、20093月から始められていまして、英数国理社の5教科試験のうち、英数学国の問題において、全道一律の「標準問題」とは別に「思考力・応用力」を重視した難度の高い問題が準備されています。「裁量問題」と「標準問題」のどちらにするかは、各校に任せられています。私はこの制度を初めて知り、都道府県により違うのだということを感じました。


 ところで、岡山県公立高校では、岡山市内の普通科高校一校が独自入試を行っています。


 教育委員会と学校のどちらが準備するかは違いますが、狙いは同じなのかとの思います。

 後者の場合は入試作成のための独自予算は組まれていないと聞いています。予算なしでできていることについて、私はとても不思議に思っているところです。

 この予算のことはまた別な機会に論じるとして、この取組は各校の特色を打ち出せるということについては間違いのないことと考えています。そして、独自入試を取り入れている、その意気込みは高く評価しています。

 ただ、こうした場合は、その対策は個人任せになりがちになるのではないかと常々懸念しているところです。そのことは以前にも本会議で一般質問をしたこともあるのですが、北海道のような取組になると、中学校としての取組も期待できるのではないかと思うのです。これがベストという入試問題はありませんが、受験生の学力を細かく正確につかむものであった方が良いと考えています。


                                                           太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-11-10 21:11 | 正孝の活動 | Comments(0)

ガソリン自動車は無くならない―逢沢一郎経済シンポジウムに参加して―

ガソリン自動車は無くならない―逢沢一郎経済シンポジウムに参加して―_c0326333_22475968.jpg



「ガソリン自動車は無くならない」とスズキ自動車代表取締役会長鈴木修氏が明言された。
この発言が飛び出したのは、逢沢一郎経済シンポジウムの会場である。

EVの流れが進むなかで、氏がこう発言した理由として、ハイブリッドの動きが強くなるけれども

〇EVは高価

〇EVの航続距離は一回の充電で200㎞

〇夜間にライト点灯すると、航続距離が落ちる

〇安全対策を充実させれば、電池の消費量が増える

ということ等を挙げていた。

同じようなことを考えていた私としては、やはりそうなのだという考えを強くしたけれども、
ガソリン自動車に関わる企業は減産を強いられることには変わりははい。
その時、地域経済はどうなるのか、今から考えておかなければならないことを再認識させられた講演でもあった。

                                         太田 正孝




# by masataka2014 | 2019-11-04 09:15 | 正孝の活動 | Comments(0)

後藤新平の「御親兵一割損」という言葉を教えて頂いて。

後藤新平の「御親兵一割損」という言葉を教えて頂いて。_c0326333_22491741.jpg


後藤新平は「御親兵一割損」が口癖であったことを読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏の講演で聴きました。

君主のそばに仕える親兵だからこそ、 一割差っ引いて評価するというような意味と理解しましたが、

他の兵隊との信義を守るためにそのことを実践をしていたという後藤新平は凄すぎる人物であったのだとツクヅクと思わされました。


どうして、この言葉が出て来たかと言いますと、

お友達内閣は良いかどうかという問いを橋本氏がどなたからかいただいた、やりとりの中からです。

氏は、「友達であることは悪いことではない」と答えを返し、続けて、

「悪い友達は駄目だ」と言ったそうです。


そして、冒頭の後藤新平氏の言葉を紹介して、

大きな仕事をするには、「御親兵一割損」で人事を行うべきだと指摘をなされたのです。

人がついていくというのは、そういうことですし、政治では、国民に依怙贔屓があると思われると、信を失うことに繋がります。

アメリカと中国との衝突、朝鮮半島が不安定である状況などを考えると、今、国民の信を失うようなことがあってはなりません。

停滞は絶対に許されません。

氏の話を聞きながら、国民が公正公平と思える政治になって欲しいと願います。


                                                                 太田 正孝



# by masataka2014 | 2019-11-03 22:58 | 正孝の活動 | Comments(0)

第15回吉備陵南まちかど博物館のお知らせ

第15回吉備陵南まちかど博物館のお知らせ_c0326333_07540719.jpg

本日は第15回吉備陵南まちかど博物館開催日です。
場所は庭瀬駅から庭瀬・撫川界隈です。
地域の人の心のこもったもてなしで、皆様をお迎えいたします。
庭瀬、撫川の街並みを皆様に楽しんで頂けたならばと思います。162.png
私も10時から松林寺(本町公民館の東、 岡山県岡山市北区庭瀬707)でお話をさせて頂きます。

                                                                                  太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-11-03 08:02 | お知らせ | Comments(0)

「岡山の日蓮法華」展を訪ねて。


「岡山の日蓮法華」展を訪ねて。_c0326333_22545198.jpg


今日、岡山県立博物館を訪ねた。令和元年10月11日(金曜日)~11月10日(日曜日)まで、「岡山の日蓮法華」の特別展が開催されている。私の家も日蓮宗で、岡山にどのように広がったのか、興味を持って展示品を見て回った。
幸いにも、博物館の職員の方が説明をしてくださったので、とてもスッキリと理解できた。
理解した一部を少しお伝えをしたい。
日蓮は鎌倉で開宗した法華の教えを京都で広めたいと考えていた。その思いを弟子の日像が実現し、さらにその弟子である大覚妙実が山陽地方へ伝えたそうだ。全く知らない話で、とても興味深っかった。そして曼荼羅についても解説を受けた。四隅の文字についてと、真ん中の南無妙法蓮華経の字体の変遷をお伺いすると、そういうことだったのかと頷いてしまった。識字率が低い時代に、内容を伝えていく大変さを考えると、今の時代は伝えに難い等とぼやいていていること等はできない。

                                            太田 正孝

# by masataka2014 | 2019-11-01 22:55 | 正孝の活動 | Comments(0)

囲む会を終えて。

囲む会を終えて。_c0326333_08191737.jpg

 先日、囲む会を支援をして下さっている方々が開いてくださいました。皆様、ありがとうございました。昨年の前回開催から一年以上の時の経過があったのですが、感覚的には、この一年間はとても早く感じました。この一年、岡山県にとりましては、厳しい状況となっています。一日も早く復旧復興していくことが今最も大きな課題です。全力でこの課題に取組んで行きます。

                                                  太田 正孝

# by masataka2014 | 2019-11-01 08:24 | 正孝の活動 | Comments(0)

災害拠点病院を訪問して。

災害拠点病院を訪問して。_c0326333_08422339.jpg


先般、他県の災害拠点病院となっている病院を訪問。
DMAT(医師2名、看護師2名、調整員1名で構成)の活動を中心にお話を聞きました。
これまで、東日本大震災、関東・東北豪雨災害、北関東の竜巻等に出動をされています。
この病院では、他の病院からも応援に入っていただいたDMATの活動調整をされたそうです。
DMAT出動で一番の課題は、どこに出動させるのか、現場で何が起きているのか、どのような医療が必要なのかをいち早くつかむということでした。
これができないと、出動出来ないというのは当然です。
そのために、ドクターカーで、先発隊として現地調査に入るとの話も聞きました。

それから、私たちが忘れがちになることを教えて頂きました。災害医療は救急医療と違うという点です。この点についても分かりやすく教えて頂きました。救急医療は個別の必要とした医療を的確に提供するものだが、災害医療は医療を求める大勢の人を救う医療であるとい点です。需要の方が対応側よりも多いことがよくあると話されていましたが、災害直後はそういう状況であることを想定していくべきことです。

そして、経過する時間ごとにどう対応するのか、また関係機関とどう連携をとるのか、というところまで聞かせて頂きました。
その時に気に掛かる点がありました。県との連携については課題があったということでした。この点についての改善を図れるように努力をされているようでしたが、岡山県においても注意をしておかなければならない点です。

広域災害が増えてきていて、もう想定外などということを理由にしてはならないと考えています。
平時から関係機関との連携をしっかりと深めていくことが大切であり、活動内容の深化も進めなくてはいけません。
様々な場で、こうしたことについて提言していきます。

                                               太田 正孝

*写真は岡山県内のドクターヘリです。

# by masataka2014 | 2019-10-31 08:25 | 防災 | Comments(0)

岡山県の災害時医療従事者確保事業について

岡山県の災害時医療従事者確保事業について_c0326333_08420199.jpg


先日、茨木県内の病院におけるDMATの活動体制について詳しく知る機会を得て以来、岡山県の災害医療に対する取り組みがどうなっているのか、あらためて知っておかなければならないとの思いを強くして、調べてみた。

調べた中で、今日は岡山県の災害時医療従事者確保事業について概略をお伝えする。

岡山県の災害時医療従事者養成確保事業

計画期間平成30年4月1日~平成31年3月31日

総事業費(計画期間の総額) 625万円

【目標等】今後、発生が予測される南海トラフ等による災害に備えるため、DMAT等の整備が求められている。このため、H35年度末までに500名のDMAT隊員の確保を目指す。また、隊員の質の向上のための研修等を併せて実施する。

アウトカム指標:DMAT隊員数の増加

H29:214人 H35:500人)


【事業内容】大規模災害や事故の発生時に被災地等に急行し、救急医療等を行うための訓練を受けた災害派遣医療チーム(DMAT)の養成研修を基幹災害拠点病院である岡山赤十字病院に委託をして実施する他にも、災害時に設置される医療本部の研修をするなどとしている。


この事業は終わっている。どう体制が整ったのか。視察時にうかがった「医療本部と現場との連絡の問題」について、本県でどうなっているのか、また、災害医療は救急医療とも違うという点からも、岡山県の取組について検証をしていき、今後の取組強化に結び付けていきたい。


                                                  太田 正孝





# by masataka2014 | 2019-10-30 08:46 | 防災 | Comments(0)

災害廃棄物二次仮置場―西日本豪雨から一年―

災害廃棄物二次仮置場―西日本豪雨から一年―_c0326333_21370142.jpg


西日本豪雨から1年。

浸水被害があった地域を中心に発生した大量の災害廃棄物は、
現在、災害廃棄物二次仮置場(倉敷市水島川崎通1-20)で処理されています。
その現場を、先日見せて頂きました。
一年前は、持ち込まれた廃棄物が山積みにされていましたが、
今は、山はなくなり、大まかな分別後、さらに、細かく分別処理が進められていました。
とくに、瓦礫が篩にかけられて、大きさ毎に分けられているところを見て、
正直、ここまでしているとは思っていませんでした。
現場の方々がしっかりとした仕事をしておられ、安心をしました。
今後についてですが、当初想定した量よりも、大幅に増えたことで、
処理期間は延びることになります。
最後までしっかりとやってくださいとお願いをして、ここを離れましたが、
細かな粉塵が出ること等で近隣への配慮も必要とされ、
簡単に出来る仕事ではありません。
このブログでは十分伝えることはできませんが、
多くの人の力で順調に災害廃棄物処理が進んでいることが伝わればと願っています。

                                     太田 正孝


災害廃棄物二次仮置場―西日本豪雨から一年―_c0326333_21354744.jpg


災害廃棄物二次仮置場―西日本豪雨から一年―_c0326333_21362270.jpg










# by masataka2014 | 2019-10-27 22:04 | 防災 | Comments(0)

児島湾締切堤防、耐震化工事が進められることになっています。

児島湾締切堤防、耐震化工事が進められることになっています。_c0326333_08304812.jpg

 度重なる台風に、今回の猛烈な雨と続いています。犠牲になられました方にご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました方々にお見舞い申し上げます。

 何十年に一度という言葉を毎年のように聞きます。南海トラフ大地震についても、何年も前から、発生可能性が高まっていることが報じられています。
 この対策についても急がなければなりません。
 その一つは、児島湾締切堤防です。建設されて五十年以上が経ちます。オランダで行われていた工法を採用しているのですが、数年前、岡山県知事から国に対して、耐震性の調査依頼が行われました。調査結果で耐震性が必要ということで、今後約十年をかけて耐震補強工事を行うことになりました。

 先日、この締切堤防の事務所を訪ね、説明を受けました。
 受益面積が4320haで、工事費は約260億円の予定としているとのことでした。大きな費用がかかることになりますが、万が一に備えて必要な工事であると受け止めました。
 現在も管理は県が受けていて、予備電源等の管理に関することは県の方で対策を打っていかなければなりませんし、万が一の時の想定し、避難計画の精度を上げるべきと感じました。

 やるべきことをしておくように、県議会からも求めていきます。

                                    太田 正孝

                                
 


# by masataka2014 | 2019-10-26 08:35 | 防災 | Comments(0)

常陸大宮市へ派遣されていた岡山県関係の職員の一次調査支援終了。



岡山県庁と岡山県内の市職員のあわせて18名が常陸大宮市に支援に入っていました。
業務は住家被害認定調査などの支援活動です。
一次調査が概ね終了したことを踏まえ、10月21日で一旦、支援を終え、岡山に帰ることになりました。
復旧復興はこれからです。
ここのところの雨が本当に心配です。
被害が大きくならないことを心からお祈り申し上げます。

                               太田 正孝

# by masataka2014 | 2019-10-25 07:31 | お知らせ | Comments(0)

第30回の足守メロンまつりを訪ねてみて。

第30回の足守メロンまつりを訪ねてみて。_c0326333_23492645.jpg


今日は足守でメロンまつり。
今年で30回目で、すっかり地域に定着したまつりとなっている。
目玉は何といっても、足守で採れたメロン直売会だ。
今回はいつもより多い2,300個のメロンが準備され、
このメロンを求めて長い列が出来ていた。
列の方もいつもより長いようであったが、
どうも早い人は午前6時半から並ばれているとのこと。

このおまつりの楽しみは他にもある。
手打ちの蕎麦も美味しいし、山女魚の塩焼きも良い。
私は、ここで、近水公園を見渡せる縁側でお茶の振舞いを受けた。
景色、秋のお菓子、お茶、ゆっくりと秋を堪能した。

こうしたことをもっと㏚できればなぁー、中山間地域の足守がもっと元気になるはずだ。

                                           太田 正孝

第30回の足守メロンまつりを訪ねてみて。_c0326333_23491249.jpg


# by masataka2014 | 2019-10-21 00:02 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県立一宮高校、定員減に。

令和二年度県立高校第一学年の生徒募集定員が発表された。
6校で220名の減員となる。
その一校の中に岡山一宮高校がある(40名減)。
岡山市内の普通科も対象となる。
出生率の低下で、中学校卒業見込者数が減り続けている。
県教育委員会からは、募集停止になる場合の基準も示されているが、
学校の規模が小さくなっている現実を目の当たりにすると、
本当に深刻な問題である。
中学区制の問題点も出つつあり、
今後の県立高校の在り方については、
さらに議論を深めていかなければならないと考える。
今後も、県教育委員会に、活力ある県立高校であり続けるように、求めていきたい。

                          太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-10-19 09:03 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県から茨城県常陸大宮市に対して支援チームが派遣されます。

台風19号によって広範囲に被害が広がっています。
各県で受け持つ所が決められ、岡山県からは茨城県常陸大宮市に対して、
総括支援チームを先発隊として派遣していました。
その現地に派遣されいたチームからの情報に基づき、
この度、罹災証明書交付及び住家被害認定調査等の業務を行うため、
岡山県内の市から7名の職員さんとともに、県庁も職員11名を今日から派遣することになりました。
こうした業務が行われないと、復興復旧のための支援を受けることができません。
迅速かつ円滑に進めて、被災者の方々を支えて欲しいと願います。

                                太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-10-18 08:26 | 防災 | Comments(0)

ラグビーワールドカップ出場のカナダの選手がボランティアに参加、素晴らしい!!

台風19号で犠牲になられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。
今回のワールドカップラグビーにも影響が出ました。二試合が中止となりました。初めてのことだそうです。
そうしたなか、中止になったカナダチームが被災地釜石でボランティア活動をされました。
とても素晴らしいと思います。
ラグビーは素敵な人をいっぱい作るのだということを知りました。
八強が決まり、これからいよいよ決勝トーナメント。
好試合がこれからも続くと楽しみにしています。
そして、復旧復興のための元気にもつながっていくと信じています。101.png

                                 太田 正孝

# by masataka2014 | 2019-10-15 08:44 | 正孝の活動 | Comments(0)

現在の「Jヴィレッジ」

現在の「Jヴィレッジ」_c0326333_00015291.jpg

東京電力福島第1原子力発電所の事故で休止していた「Jヴィレッジ」)が、今年420日に全面再開。ここを、先日、訪ねた。

このJヴィレッジ」について、少し説明する。少し前まで原発事故の収束作業の中継拠点であった。その時は、サッカーグラウンドの芝の上に厚さ40㎝の土砂を敷き詰め、2400台の駐車場となっていた。

再開に当たって、地面を深く掘り下げ、地中に給排水設備を取り換え工事を行った。

 現在は、利用者を取り戻すために、様々な取組を行っている。

 ここに整備された経緯や整備の進め方等について、知らないことを沢山教えて頂いて、驚くこともあったが、是非ともサッカーの聖地として、再び光輝いて欲しい。


                                          太田 正孝



# by masataka2014 | 2019-10-13 00:07 | 正孝の活動 | Comments(0)

福島県いわき市久之浜地区の防潮堤・防災緑地整備を見せて頂いて。

福島県いわき市久之浜地区の防潮堤・防災緑地整備を見せて頂いて。_c0326333_23052819.jpg



東日本震災時、久之浜地区では、6.2メートルの堤防を超える津波よって、約700戸が浸水し、68人が犠牲になりました。

その対策として、堤防を震災前より1メートル高い7.2メートルにし、その内側には、高さ8.2メートルの盛り土の上にクロマツなどを植えた防災緑地を整備が済み、109日に完成記念式典が行われました。また、浸水地域の区画整理事業も実施され、これから家が増えていくことが期待されています。


                                            太田 正孝


福島県いわき市久之浜地区の防潮堤・防災緑地整備を見せて頂いて。_c0326333_23050838.jpg

福島県いわき市久之浜地区の防潮堤・防災緑地整備を見せて頂いて。_c0326333_23055130.jpg






# by masataka2014 | 2019-10-10 23:09 | 正孝の活動 | Comments(0)

スコットランド戦を前にして、ワクワクしています―ワールドカップラクビー―


ワールドカップラグビー。いよいよスコットランド戦。テレビ解説者からはこれからはプレーオフのようなものだとの話。まさに、その通りだ。相手も研究をしてくるだろうが、自分たちを信じて、これまでしてきたものを出し切れば、絶対に、道は開けるはず。今回ほど、期待をして見られる時はない。日本は確実に変わって来ていると感じる。177.png177.png177.png

                                         太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-10-08 06:53 | 正孝の活動 | Comments(0)