ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2019年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

南山城跡を見学して

c0326333_08391763.jpg


小田川と高梁川の合流点付け替え工事に伴い調査されています「南山城跡」の説明会が先般行われ、私も参加しました。

尾根筋を通って侵入してくる敵を足止めする「堀切」や、味方武士の待機場所となる「曲輪」などが出土しています。また、斜面沿いに作られた堀が何本も並ぶ「畝状竪堀群うねじょうたてぼりぐん」や、くる周囲を人工的に切り崩した「きりぎし」、斜面を登ってくる敵を撃退する為のものとみられる多数の石なども発見されています。ここが合戦をする上でとても重要な場所であることを感じます。

しかし、合流点付け替え工事に伴い、山が丸ごと削り取られることになっています。歴史をどう後世に伝えていくのかが大きな課題です。遺跡の調査結果資料については、古代吉備文化財センターが管理整理していくことになっていますけれども、出来るだけ良いカタチで残せるようになればと考えています。

                                                       太田 正孝


by masataka2014 | 2019-09-14 08:52 | 正孝の活動 | Comments(0)

次世代自動車の今後の展開について

 次世代自動車の今後の展開について、勉強中です。「コネクテッド」、「自動運転」、「シェアリング」、「電動化」のそれぞれの英語の頭文字を取って「CASE」と呼ばれている、このCASEの四技術が並行して開発されるなか、それぞれの特長を捉えて、総合的に考えると、都市部での電動車のシェアリングシステムが進む可能性が高まっているように感じています。


 まず、現在の航続距離でも、都市部中心の使い方であれば、対応できると考えます。

 また、シェアリングになれば、乗り捨てた場所に急速充電システムを完備しておくことで、常に乗れるように準備できます。

 そして、コネクティドです。米国で行われているスマホキーを使うシェアリングシステムが導入されれば、安心してクルマを利用することができます。どんどん技術革新が行われています。


 新しいシステムが、どのように地域に入ってくるのか、入る時に、地域として何を準備しておかなければならいのか、引き続き研究していきます。169.png


                                        太田 正孝


                                 


by masataka2014 | 2019-09-12 08:35 | 正孝の活動 | Comments(0)

インターチェンジ周辺の土地を秩序正しく有効に活用するために



 前定例会618日の私の一般質問に対しての知事のご発言-土地の利用に関しては、今でも明治維新が行われていない、あなたはこういう土地なので、こういう使い方以外してはいけませんということを、強制、強要されているような状態でありますので、ぜひもっと付加価値の高い使い方ができるのであれば、特にインターチェンジの横の農地みたいなものについては、もっときちんとしたインターチェンジの横の土地にふさわしい使い方をもっともっと進めなければいけない―を聞いて、私の想いと同じであることがことを感じました。

 今後は、この思いをどうカタチにして行くかである。9月定例会が昨日から始まった。9月定例県議会では、今後の進め方について、議論を深めていきたい。

                                                            太田 正孝


by masataka2014 | 2019-09-10 16:54 | 正孝の活動 | Comments(0)

愛知県の自動運転に対する取り組みについてのお話を聞いて。

c0326333_09022931.jpg



 愛知県の自動運転に対する取り組みについて、8月にお話を伺いに行った。

 その時、まず愛知県の状況を聞くと、製造品出荷額は41年連続全国トップで、約47兆円。そのうち、自動車産業関連が約26兆5千億円。自動車保有台数全国トップ522万台。道路実延長全国3位。自動車の利用割合、東京・京阪神の約二倍の60%  全国一の自動車立県であるということであった。ビックリするような数字が並ぶ。


 そして、自動運転に対する期待としては、


  大きな市場としての期待

  運転手不足に対する輸送手段の確保、高齢者等の移動支援

  交通事故の削減

  交通渋滞の解消等


であるという。


 日本において自動運転の定義も決まったことから、自動運転の市場化・サービスの実現化に加速的進む見通しが立ちつつある。 そのなかで、自動運転実証実験に係わる日本の環境についても、条件が揃いつつあるのである。


 そこで、愛知県は、将来の自動運転サービスの実現を目指し、昨年度は、複数台の遠隔型自動運転車両を同時に走行させる実証実験や次世代通信規格「5G」を活用した実証実験を行うなど、最先端の実証実験を実施したとのことであった。

 また、驚かされたのが、愛知県内の約半数の基礎自治体で何らかの形で自動運転の実証実験に関わっているのである。意識が進んでいることに、ここでも驚かされもした。


                                                       太田 正孝


by masataka2014 | 2019-09-08 09:03 | 正孝の活動 | Comments(0)

選ばれる岡山の県立高校づくりを

平成3011月定例県議会で、私は高校再編に関して一般質問を行いました。
その中の教育の質の維持についての項で、
鍵本教育長は、
学校の教育の質は、学校数だけでなく、
中学校での学習の成果や高校入学後の学習の内容や方法によるものである
とご答弁されました。
また、別な項で、各学校が中学生から選ばれる高校となるよう、より一層の魅力化,活性化に取り組んでいく
との決意を述べられました。

私は教育長のお考えについては、間違いないものだと受け止めています。
課題は、そこに現実をどれだけ近づけることができるのかということが大切ではないかと考えています。


先日、中堅の普通科高校を訪ねましたら、
一部で、子どもの理解状況が変わろうとも、昔ながらの変わらない授業が行われていると耳にしました。
そして、その質がどうであったかを見る物差しの一つとして、高校出口の状況もあります。
私は、入学当初の希望を十分叶えられなかったと感じる結果の高校もあると感じています。
私は、そういうところもあると諦めたくないのです。学校が、子どもたちを諦めさせてはいけない。
学校は、子どもたちの希望の灯を燃やし続けさせるところであるはずです。

今日もニュースの一項目で、
新潮流として、都市部の子どもが選ぶ地方の高校が生まれつつあるとして、
中国地方の高校が取り上げられていました。

私は、教育長のいう「選ばれる高校」になるように、
議会からも、岡山の高校教育の充実に関心を寄せて、議員活動に取組んで行きます。169.png169.png169.png
 
                                     太田 正孝

by masataka2014 | 2019-09-07 09:20 | 正孝の活動 | Comments(0)

警視庁の過去三年間の新卒採用人数のデータを見て。

先日、警視庁の警察官募集の案内が岡山まできていたと、知人から教えて頂きました。

そこで、警視庁の過去三年間の男女別の新卒採用人数は、調べると、


2018年度:男性1,610名、女性290


2017年度:男性1,700名、女性300


2016年度:男性1,580名、女性300


であったと出ていました。


ところが、今年の採用予定数は1100名と激減しています。

このことの意味するところについては、今日は触れませんが、警視庁のこれまでの採用数は、とても大きいものです。人口が多いことを考えれば、当然かもしれませんが、何故、東京への流入が多いのか、分かるような気がしました。

                                         太田 正孝


by masataka2014 | 2019-09-04 08:48 | 正孝の活動 | Comments(0)

旭川ダムで予備放流ができるように、予算計上される見込みに。

c0326333_22490774.jpg

 828日に発表された令和2年度国交省関係予算概算要求において、「旭川中上流ダム再生事業」が盛り込まれました。


 その計画によると、旭川ダムの水利容量の一部を洪水調整容量に振り返えるように変更されます。


 技術的には、現在の放流ゲートより下部に新たな放流部を設けることにより、この変更を行います。このことで、大雨等が予想された時、予備放流が可能となります。


 総事業費は、約450億円の見込みですが、調査に、何年かかかる見通しで、完成時期は明確になっていません。

この動きは歓迎すべきことであり、一日も早い完成をしていただくこと切に望むものです。県議会からも応援をしていきます。

                                           太田 正孝


*写真は、旭川において、昨年の水害直後、土嚢を高く積み上げた箇所。


by masataka2014 | 2019-09-02 22:54 | 防災 | Comments(0)