ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2019年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

被災現場を訪ねて―道路の復旧―

c0326333_08450879.jpg


 先日、昨年の西日本豪雨の被災現場を行く途中に、片側通行の所がありました。現在,着手されて、法面が補修されていたので、いずれは全面通行が可能となりますけれども、これからという所もあります。多くの地域の方から、早くして欲しいとの声を伺っています。早くするために県庁も一生懸命しています。また、今後、災害に遭った時の避難路についても、多くの相談を受けています。この点も、大切なことです。地域の声をしっかり行政当局に伝え行きます。

                                            太田 正孝

*写真は現場を訪ねた時のものです。

by masataka2014 | 2019-05-28 08:47 | 防災 | Comments(0)

浸水現場を訪ねて―西日本豪雨の爪痕―

c0326333_08554197.jpg


 防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会委員長を拝命してから、被災地域からご相談を受けます。


 先日は現場を見に来て欲しいとのことで、現場に行きました。原因の河川では、河道掘削、樹木伐採が進められていましたが、二メートル以上も浸水した倉庫で働く人にお話をお伺いすると、まだ心配であるとのことであった。私も倉庫のどこまで使っていたかを壁で確認すると、約二メートル四〇センチの所まで色が黒くなっていました。ここはよく浸水する箇所で、他にも山からの土砂が流れ出てくるとの問題も話してくれました。

河川改修計画の見直し区間でもありますので、住民の方々の声をしっかり県当局に伝えていきますし、他の地域についても、もっと足を運んでいきたいと考えています。166.png

                                            太田 正孝


by masataka2014 | 2019-05-27 08:58 | 防災 | Comments(0)

明日の防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会を前にして

c0326333_08353805.jpg


私は、今期、防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会委員長を拝命しました。

初委員会は明日の予定です。

所管事項は、委員会名から分かる通り、幅広くあります。

ついては、明日の一回目と31日の二回目との二回に分けて、担当課から概要説明をして頂く予定にしています。

どれもこれも大切な課題ばかりです。充実した一年になるように、毎回準備をしっかりしていきたいと思います。

一年間、がんばります。

                                             太田 正孝


by masataka2014 | 2019-05-22 08:37 | 正孝の活動 | Comments(0)

新成羽川ダム、事前放流へ。

c0326333_07141098.jpg


 昨日、中国電力は、大雨等の場合、新成羽川ダムで事前放流を行うことを決めたと発表されました。この件は、岡山県議会においても、昨年の西日本豪雨で甚大な被害が出た後、何度も問題として取り上げられていました。ここで大きく動き出しことは喜ばしいことです。この事前放流は中四国地方では初めてのこと。大きな決断をした中国電力に感謝したいと思います。そして、今回、一生懸命動かれた方々に心から敬意を表します。


 まだまだ他にも課題はあります。516日に、岡山県議会の防災関係の特別委員会の委員長を拝命し、私自身、県民の生命財産を守るために、もっともっと動いていきます。

                                          太田 正孝



*写真は昨年の西日本豪雨で出た災害廃棄物の集積場所の様子(当時)


by masataka2014 | 2019-05-21 07:16 | 防災 | Comments(0)

岡山県内の産業振興を行う上で、県がやるべきことは。

c0326333_05225215.jpg

 新聞報道によると、本県に生産拠点を置く三菱自動車の2019年の売上高は25145億円(前期比14.7%)であった。大幅な伸びであるが、その前に色々あったことを考えると、・・・。そして、自動車業界全体を見ると、米中市場の低迷や完成品検査の不正問題等で、各社の最終利益は減益であり、決算状況から見えてくるものは、益々経営課題が増えていることではなかろうか。とくに、次世代自動車の開発には莫大な資金が必要となり、競争に勝ち抜くことは並大抵なことではない。


 そのなかで、岡山県は産業振興を一丁目一番の政策に置いている。産業の主力の一つが自動車産業であることは間違いなく、伊原木県政はEVシフトの支援に注力している。


 トレンドは、EVシフト、自動運転化等であるという理解に立つのであれば、そうした人材を如何に育てるのかが大きな課題ではなかろうか。とくに、県としては、そうした人材を育てる環境が県内にあるのかどうかの現状分析は欠かせないことではなかろうか。現状は、他県よりも人材が多いとは言えないのではなかろうか。この点の現状を調査して、県当局に提案をしていきたい。

                                             太田 正孝


by masataka2014 | 2019-05-16 05:23 | 正孝の活動 | Comments(0)

自民党内で議会人事協議を行いました。

c0326333_09041957.jpg


三日間に及ぶ自民党県議団内での会議で、議会人事が内定した。
私は、総務委員会委員、防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会委員長を拝命する予定です。
正式には、5月16日の臨時県議会で決まりますが、重責を今から感じています。
一方、党内人事については、この三日間では決まりませんでした。
当選四期目になりますが、このようなことは初めてです。
夏には参議院議員選挙もあり、挙党体制で臨めるように、最善の体制になるように汗をかいていきたいと考えています。

                                         太田 正孝

*写真は当選証書授与式のものです。

by masataka2014 | 2019-05-14 09:05 | 正孝の活動 | Comments(0)

5月16日に臨時岡山県議会が招集されるに当たって。

c0326333_08424763.jpg

 自民党県連の役員人事についての協議が一昨日、昨日と二日間行われたが、結論に至らなかった。

 この県連役員の任期は二年であるので、二年毎に協議がなされるのであるが、今回は改選後ということで、とくに協議が慎重になる傾向となる。この改選後の協議の中で、今後四年間の県政の運営の方向性が形作られていくような感じがするのである。


 まだ協議中であるということで、ここに書くことは差し控えたいが、西日本豪雨からの復旧復興、中山間地域の振興、教育再生など、岡山県にとって待ったなしの課題が山積している。この県連人事後には、正副議長候補、常任委員会委員長候補等の協議に移る予定になっている。


 臨時岡山県議会は516日に開催される。その場までに、仲間としっかり協議をして、より良い人事案を出していきたい。

                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2019-05-11 09:39 | 正孝の活動 | Comments(0)

県民に分かりやすい県政を―笹ケ瀬川整備事業から―

c0326333_08422690.jpg

 平成30年11月定例県議会で、私は土木部長に笹ケ瀬川の整備に関する質問を致しました。

 その時に、土木部長から、

「整備基本方針という100年の洪水規模を目指したものでございますけれども,その中では長期的なものとして貯水池を確保するとのことでございます。一方で現在の整備計画につきましては,当面30年度程度の整備スパンを目標にしております」

との答弁をいただきました。

 誠実なご答弁であったと思うと同時に、この百年の洪水規模と当面三十年の意味の違いについて分かり難い話でもあったように思います。流域の方とお話をしても、この件を理解している人はほとんどおられないように思います。
 新しい任期が始まりましたが、県民の方が安心できる県政になるように、汗をかいていきたいと思います。

                                       太田正孝

by masataka2014 | 2019-05-07 08:42 | 防災 | Comments(0)