ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2018年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

何かを続けるということについて。

 「はじめから諦めずに、頑張って続けていれば、いつかは道が開ける」ということを前号で書かせて頂いた。
 これは私の率直な思いであり、「諦めたら、終わり」ということが頭の奥深くにある。これはごく当たり前のことで、諦めることは簡単なことと思う。続けることが難しいのだ。どうすれば、続けることが出来るのかを考えるべきであるかもしれないが、こんなことを考えていたら、そもそも続かないのではないだろうか。

 出来ないことが出来た時うれしいという単純な話の繰り返しがあれば、それが自然に続くということなのではないだろうか。そんな喜びを一度覚えしまえば、やめられないはずである。そうなればしめたものであるが、まだ私は十分味わっていないのである。

                                                                                    太田 正孝





by masataka2014 | 2018-11-13 22:02 | 正孝の活動 | Comments(0)

コツコツやり続けることが成功への近道


ヘレンケラーの「障がいは不便だが、不幸ではない」という言葉について触れた方のお話がとても考えさせられるものであったので、今日はこの話のことについて書きたい。

その方は、「障がいを個性だという人がいる」ということを紹介した上で、
「個性とは何か?」ということを会場の参加者に問いかけた。
しばらく時間をおいて、
彼から、「個性は特長」のことではないかとの彼の認識が示された。
そして、個性を伸ばすことが幸福につながるという論者がいることに触れて、
果たして、障がいが個性ならば、その障がいを伸ばすとは、どういうことだろうかと
再び会場に投げかけられた。
さらに、踏み込んで、重い障がいになれば、それは強い個性ということになるのだろうか。
もしも、そうであるならば、その強い個性を伸ばすと、幸せになるのだろうかと話を続けられる。

ヘレンケラーのこの言葉に違和感を持っておられることが、よく伝わってくる。

偉大なヘレンケラーの境地にまで達するのは、並大抵のことではないことでないのだということをしみじみ思う。
多分、初めから、こうした考えに至ってはなかったのではないだろうか。普通は、こうは考えられないものである。

最近、私がよく思うことは、「はじめから諦めずに、頑張って続けていれば、いつか道が開ける」ということである。コツコツやり続けることが成功への近道ではなかろうか。

                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-11-12 23:25 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県の人口が190万人を割って。

岡山県の人口ビジョン(平成2710月発表)は、平成172005)年の約196 万人をピークに減少し、平成222010)年の時点で約195 万人で、国立社会保障・人口問題研究所によると、平成 522040)年には約161 万人になるとの予測を報告している。

 さらに、平成172005)年から平成222010)年における県内市町村の人口増減をみると、岡山市、倉敷市、早島町及び里庄町で増加し、津山市等23 市町村では減少していると、現状分析をしている。

その内訳は次の通りである。


(人口増加)

岡山市、倉敷市、早島町、里庄町


(人口減少率5%未満)

津山市、玉野市、井原市、総社市、瀬戸内市、赤磐市、浅口市、矢掛町、鏡野町、勝央町


(人口5%以上減少)

笠岡市、高梁市、新見市、備前市、真庭市、美作市、和気町、新庄村、奈義町、西粟倉村、久米南町、美咲町、吉備中央町


 今年10月1日、岡山県の人口は、1,899,739人と発表された。岡山県の人口は190万人を割った。もう既にピークから6万人以上減少をしている。

 中山間地域では、買い物、医療、学校などの問題が深刻である。基礎自治体の力だけでは難しい問題である。県では元気集落事業を行っているが、次の施策が必要であることを感じる。


                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-11-09 08:42 | 正孝の活動 | Comments(0)

平成30年7月豪雨による被害状況(11月2日、現在)

 平成30年11月2日(金)14:00現在での平成30年7月豪雨による被害状況が発表されました。その発表によると、岡山市と倉敷市の住宅被害の状況は、

岡山市 全壊13棟   半壊 1,189棟  一部損壊 33棟  床上浸水2,102棟  床下浸水4,426棟  

倉敷市 全壊4,646棟  半壊846棟   一部損壊360棟   床上浸水111棟   床下浸水 1棟

となっています。

 岡山市の住宅被害合計棟数は、7763棟。一方、倉敷市は、5964棟。岡山市が約1800棟多いということになっています。この数字からも、岡山市でも、広範囲の被害があったことが窺がえます。現在、グループ補助金の手続き等が行われています。先日、グループ補助金の申請が認められたとの報道もあり、復旧復興に向けて、民間事業レベルでも動きが出てきました。もっと動きが加速されるように、県議会からも声を出し続けて行きたいと思います。

                                                    太田 正孝




by masataka2014 | 2018-11-05 07:49 | 正孝の活動 | Comments(0)

フランスで観光プロモーション、岡山デニムの魅力情報発信

 岡山県知事は10月7日から12日にかけて、フランスで観光プロモーション、岡山デニムの魅力情報発信等を行いました。岡山後楽園はミシュランガイドに取り上げられるなどして、フランスからの観光客が増えつつあります。また、岡山県のデニムは世界的に高い評価を得ています。今、世界にどう岡山を知っていただくのかということで、トップセールスが行われています。今回の成果に期待したいと思います。(スケジュールは、岡山県のホームページのものです。到着から遡る書き方になっており、読みにくいと思いますが、お許しください。)

                                                     太田 正孝

                             記

フランスで観光プロモーション、岡山デニムの魅力情報発信等の主な行程


月日

曜日

時間

行事内容

場所

10月11日木曜日14時30分ルーブル美術館

ルーブル美術館(フランス)

11時30分59リヴォリ視察

59リヴォリ(フランス)

10月10日

水曜日

19時00分

地元有識者との交流夕食会ジャルダン・ランパール(フランス)

15時30分

ワインカーブ試飲視察ブシャール・ペール・エ・フィス(フランス)

13時00分

ワインテイスティングランチメゾン・オリビエ・ルフレーブ(フランス)
10時00分

クレームカシス製造工場視察

ルジェ・ラグート社(フランス)

10月9日

火曜日

18時00分

観光情報説明会・意見交換会HANAWA(フランス)

16時00分

オルセー美術館視察オルセー美術館(フランス)

15時15分

Le Gout du Japon(日本農水産品アンテナショップ)視察 Workshop ISSE内(フランス)
14時00分

JNTO(日本政府観光局)パリ事務所表敬訪問

JNTOパリ事務所(フランス)
11時00分

在フランス日本国大使館表敬訪問

在フランス日本国大使館(フランス)

10月8日

月曜日

14時00分

岡山デニム魅力発信事業

ファッション専門学校エスモード(フランス)

10時30分

サロン・デュ・サケ視察

New Cap Event Center (フランス)

by masataka2014 | 2018-11-04 08:34 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県「平成 30 年 7 月豪雨」災害検証委員会(第2回)から-vol.3-

 本日は、岡山県「平成 30 年 7 月豪雨」災害検証委員会(第2回) の議事の内容で、ホットラインのことを取り上げます。ホットラインの件で、県当局から次のような報告がありました。

 ちょうど本年の5月にホットラインの構築をしまして、これまでの取組は、県民局担当者から水位情報等を、市町村担当者へファックスと着信確認のための電話をしていたところでございます。これは水防計画書上決められているものでございます。これに加えて、県民局建設部長ということで幹部の方から市町村長等ということで、主に市町村長でございますが、水位情報を電話で直接連絡しようというものでございます。7月豪雨での対応でございますけれども、ホットラインが、一部の市、備前市と瀬戸内市でございますが、連絡が漏れていたという事態がありましたので、課題としております。

 この件を見て、私もこれは大きな課題と受け止めました。続いて、委員長から次のような指摘がありました。

 今どき FAXなんて使わないのですよ。だから、使わなくてもいいものは、もう書かなくてもいいのです。FAX が困るのは、全部黒字でプリントアウトしますので。それが重要か、重要でないかは分からないんですよ。それが、どんどん送られてきて枚数だけ重なっちゃって。どの情報に重要性があるのか全く分からないという問題を抱えていますので、もう、今時どこの市町村も FAXなんか使ってないで。

 私にもファックスう20枚ぐらい送っていただくことがよくありましたが、資料が多過ぎると、どこに着目して良いのか、分かり難くなると感じていました。伝達方法は大きな問題ではないかと考えます。ここはよく考えなければならないことです。この会議は本当に重要なことを私たちに知らせてくれています。次回は11月上旬に開かれる予定となっています。

                                              太田 正孝




by masataka2014 | 2018-11-03 08:43 | Comments(0)

岡山県「平成 30 年 7 月豪雨」災害検証委員会(第2回) -vol.2-


 今日も、岡山県「平成 30 年 7 月豪雨」災害検証委員会(第2回) の議論を紹介致します。委員長が、特定都市河川のお話をしてくださっています。その部分の発言は次の通りです。

 2000 年の東海豪雨が起こったときに、下水と河川というのは全く独立だったんですよ。あの時、内水と外水が同時に氾濫したので、内水を川に捨てられなかったんです。川が溢れかえってましたので。だから苦肉の策として、ポンプのクラッチを切って、音だけさせてたんです。なぜかというと、水を捨てたら川が溢れますから。そこまでいったので、特定都市河川というのが生まれて、内水と下水を同じテーブルで議論しなきゃいけないという法律ができ、寝屋川や、鶴見川など、横浜とか大阪を流れてる重要な河川については、そういう指定はしているんですが、まさに今回起こったことなんて、目立っていないですが、内水氾濫も起こっているんです。やっぱり下水道があふれて、水がついてるというのは起こっていますので。川の堤防が溢れて、水が来たことは間違いないんです。内水氾濫が起こっているので。やはり、きちんと国に対して物を言わないと、そこは県の管轄ですからなんていう、お茶を濁されてしまう恐れがありますので。それは土木部の河川の方とも相談されて、国に申さないといけないと思っています。

 重要なことを発言して下さっています。全体として、どう見るのか、どう対応するのか、現状では、それが十分ではないと考えています。県議会からも問題提起を続けて行きたいと思います。

                                                   太田 正孝

by masataka2014 | 2018-11-01 07:49 | 正孝の活動 | Comments(0)