ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

自民党岡山県連が安倍総理大臣に要望―7月25日―

725日、自民党岡山県連役員四人が、首相官邸で安倍総理大臣に直接要望を行った。その話の内容について話を聞くと、被災者の生活支援や道路・河川などの早期復旧等をお願いしたところ、心強い回答をいただいたとのことである。そして、大規模な河川改修が秋から始まるとの見通しだということである。

 週末には異例の西進する台風も来たが、これから台風のことが益々心配となる。国の力も借りて、対策を急がなければならない。

                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-31 09:22 | 正孝の活動 | Comments(0)

多賀城市長選挙に、元岡山市都市整備局長が立候補!!

c0326333_09230936.jpg



台風12号は九州に西進し、まだまだ心配は続く。早く日本から去って欲しい。


 さて、多賀城市長選挙は29日告示された。この選挙に、元岡山市と整備局長であった石塚昌志さんが立候補した。石塚さんは名取市副市長の経験も持ち、62000人のふるさとを再生したいとの思いで、選挙戦を戦う。8月5日が投票日。ぜひ勝って、ふるさとを元気にしてください。173.png

                                            太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-30 08:07 | 正孝の活動 | Comments(0)

旭川ダムの貯水率についてVOL.2

 前号に続いて、旭川ダムの貯水率について報告する。


 本日1200時の流入量が54.150m3/s)、全放流量が59.030m3/s)で、貯水率が79.1%となった。


 地域の河川を見て回るが、急激な増水はなかった。


 台風12号は西に去っていたけれども、まだ激しい雨が降るとの予報がある。完全に過ぎ去るまでは、注意を払い続けて行きたい。

                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-29 13:20 | 正孝の活動 | Comments(0)

空振りをおそれずに―旭川ダムの管理について―

c0326333_15465916.jpg

 台風12号接近に当たって、知事からも「空振りをおそれずに」との発言があった訳だけれども、中国地方に近づくなか、旭川ダムの貯水率について注目したい。


 昨日17:00時点までは、全放流量がほぼ25m3/s)であった。

その放水量が1800時以降の一時間ごとの放流量(m3/s)を見ると、32.26050.32050.32030.040

30.07052.460、・・・・・・・と推移している。


 その結果、昨日1700時での貯水率は93.2%が、1900時には93.1%と減り始め、本日600時には90%を割り、89.9%となった。1520分には、全放流量が60.300m3/s)、貯水率が86.7 %となった。



 旭川の水位も確認したが、下がっている。被害を最小限にできるように、やるべきことは、やっておかなければならない。

                                     

                                          太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-28 15:48 | 正孝の活動 | Comments(0)

台風12号に備えて、早め早めの対応を!!

 台風12号は、28日午前7時現在、八丈島の東を北上中。これから西に向かっていくとのこと。異例なコースを進む台風。過日の豪雨といい、今回の台風といい、異常気象である。



 いま中国地方に出されている予報であるが、


明日、日曜にかけて、最大瞬間風は35メートル。


日曜午前6時までに予想される24時間の雨量は、多い所で、100ミリ、


その後、月曜午前6時までに予想される24時間の雨量は、多い所で、100200ミリ。



 被災地が心配です。どうか予報が外れて欲しい。そう願うばかりであるが、皆様には雨や風が強まる前に、早め早めの対応をお願い致します。


                                        太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-28 09:28 | 正孝の活動 | Comments(0)

内水氾濫対策を!!―西日本豪雨の教訓を踏まえて―


c0326333_22230526.jpg


私の住む地域では、ここ40年、農地の宅地開発が進んでいる。そのため、排水流入量の増大や河川水位の上昇が起こり、排水能力不足を起こし、家屋や道路等の湛水被害が発生するようになっていた。この課題について、私は、岡山県議会一般質問で取り上げてきたところであるが、排水機場の改良並びに排水路の改修には至っていなかった。

そして、今回の豪雨である。排水ポンプの運転は、役員の方が、被害を出ぬように、三日以上も連続で頑張って下さった。頭が下がる思いである。しかし、今回はそれを上回る雨であった。私の家の周りはどこもかしこも浸水したのである。

今回、排水機場の改良及び排水路の改修の必要性をあらためて強く感じ、今日も、排水経路、樋門の位置、樋門の管理手順等の問題点を洗い直した。

農地、家屋、道路等を守らるために、行政に問題点をしっかり伝えて行きたい。

                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-25 22:24 | 農林水産業 | Comments(0)

「仮設住宅の建設」について

c0326333_09213558.jpg


 昨日、伊原木知事から、仮設住宅の建設について、発言があった。

その内容は、倉敷市の要望を受け、甚大な被害が出た同市真備町地区などに仮設住宅200戸を早期に建設するというものだ。

また、前号で、みなし仮設住宅のことを取り上げたが、このことにも触れられた。

現在、「みなし仮設住宅」となるものは、建築基準法の新耐震基準(1981年適用)を満たす民間賃貸住宅である。被災者からは、みなし仮設住宅を求める声も多く、新基準以前に建築された住宅も対象となるよう検討したいと踏み込んだ内容であった。

これから復旧が進むにつれて、住む場所の確保の問題は更に大きくなる怖れがあるので、岡山県議会からもその対応を求めているところだ。

もう一つ、被災直後に、自分の力で、民間賃貸住宅を借りた人たちに対する援助について問題となっている。こうした人たちに対しても、同じような支援が受けられなければ、生活再建が遅れる可能性がある。この件も、昨日の岡山県議会総務委員会においても、取り上げられた。改善していかなければならない。


                                          太田 正孝



*写真は仮復旧された堤


by masataka2014 | 2018-07-25 09:23 | 正孝の活動 | Comments(0)

みなし仮設住宅に関して

民間賃貸住宅借上げ制度【みなし仮設住宅】(注1)への申請窓口が、現在、設けられています。

この災害で住宅が全壊等している3~4人の世帯の場合、月額8万円以下の住宅について、家賃は県が負担をします。

 詳細は、ホームページ(アドレス http://www.pref.okayama.jp/page/567675.html)をご覧くださればと思います。

 現在の倉敷の窓口の状況ですが、申し込みに多くの人で行列が出来ているとの報告が入りました。暑い日が続いており、もっとスムーズに手続きができるように、県当局にも伝えて行きます。


                                       太田 正孝

(注1)民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)について

 この度の豪雨災害により住居が全壊等の被害を受け、自らの資力では住居が確保できない被災者に対して、岡山県では、民間賃貸住宅を借り上げて無償で提供する事業をしています。その事業名が、民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)となっています。

 

 この事業の対象となるのは、災害救助法が適用された、岡山市、倉敷市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、浅口市、早島町、里庄町、鏡野町、西粟倉村、吉備中央町、矢掛町の合わせて18の市町村です。





by masataka2014 | 2018-07-21 17:49 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県知事が146億9千万円余の7月補正予算を専決処分。


 昨日7月19日に岡山県知事は146億9千万円余の7月補正予算の専決処分を行った。この目的は、7月豪雨の生活再建の支援と公共施設の災害復旧を中心に緊急に対応をするためである。


 その主な内容は、


 避難所の設置・運営等の実施に、87780万円


 仮設住宅の提供に、646300万円


 公共土木移設等の応急復旧事業等に、466980万円


 一般廃棄物処理対策事業に、1億円


 倉敷まきび支援学校災害復旧事業に、56116万円余


である。


 この予算で、復旧を加速させなければならない。

 県議会には、724日の常任委員会で説明される予定である。177.png


                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-20 00:27 | 正孝の活動 | Comments(0)

被災地を視察―ため池―

c0326333_23041179.jpg

 今日は被災地を地域の人に案内していただいた。ここは、あと少しでため池が破堤するところであったが、ギリギリのところで回避ができた所だ。


現場を見ると、地域の方がどれだけ怖い思いをしたかがよく分かる。そして、ため池の中に、70年間、見たことのない大きな岩を初めて見たと語る長老の言葉から、どれほど慌てられたかが伝わってきた。


 現在、自動車の使用ができない世帯が多くあり、日常生活に困る事態となっている。復旧方法を早く検討し、一日も早く日常生活を取り戻せるようにせねばと考える。私からも、関係機関に、働きかけていきたい。


                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-18 23:04 | 農林水産業 | Comments(0)