ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

岡山県知事が146億9千万円余の7月補正予算を専決処分。

c0326333_00254862.jpg


 昨日7月19日、岡山県知事は146億9千万円余の7月補正予算の専決処分を行った。

 この目的は、7月豪雨の生活再建の支援と公共施設の災害復旧を中心に緊急に対応をするためである。

 その主な内容は、


 避難所の設置・運営等の実施に、87780万円


 仮設住宅の提供に、646300万円


 公共土木移設等の応急復旧事業等に、466980万円


 一般廃棄物処理対策事業に、1億円


 倉敷まきび支援学校災害復旧事業に、56116万円余


である。


 この予算で、復旧を加速させなければならない。

 県議会には、724日の常任委員会で説明される予定である。177.png


                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-20 00:27 | 正孝の活動 | Comments(0)

被災地を視察―ため池―

c0326333_23041179.jpg

 今日は被災地を地域の人に案内していただいた。ここは、あと少しでため池が破堤するところであったが、ギリギリのところで回避ができた所だ。


現場を見ると、地域の方がどれだけ怖い思いをしたかがよく分かる。そして、ため池の中に、70年間、見たことのない大きな岩を初めて見たと語る長老の言葉から、どれほど慌てられたかが伝わってきた。


 現在、自動車の使用ができない世帯が多くあり、日常生活に困る事態となっている。復旧方法を早く検討し、一日も早く日常生活を取り戻せるようにせねばと考える。私からも、関係機関に、働きかけていきたい。


                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-18 23:04 | 農林水産業 | Comments(0)

官民連携で一日も早い災害廃棄物処理を!!

c0326333_22120504.jpg


 災害廃棄物の運搬について。岡山県産廃協会をはじめ多くの関係の団体・組織に協力要請がなされている。現在、その動きが加速しはじめている。きちんと連携して、処理を急がなければならい。

                                          太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-17 22:13 | 正孝の活動 | Comments(0)

災害廃棄物処理の取組

c0326333_08463957.jpg



 この度の豪雨により出てきた廃棄物については、仮置場へ搬入して頂いている。そして、市のパッカー車、市から委託を受けた(一社)岡山県建設業協会により、個別収集が行われている。また、市から委託を受けた(一社)岡山県産業廃棄物協会により、二次仮置場への搬入が行われている。これとは別に、自衛隊が災害廃棄物の除去を行っている。

 

 現在、廃棄物の処理が大きな課題となっており、今後、(公財)岡山県環境保全事業団水島処分場【約4ha】、玉島E地区フラワーフィールド【約3ha】、増原公園【約0.7ha】をさらに準備中である。


 厳しい状況が続いているが、一日も早く復旧できるように、各方面で、総力を挙げての取組が続けられている。



                                         太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-17 08:47 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県内の各種申請窓口の設置状況について―西日本豪雨―

 7月15日14時現在で分かりましたなかで、各種申請窓口の設置状況等お伝えします。


 罹災証明書申請窓口は各市町に設置されました。

 また、被災者生活再建支援制度申請窓口は、浅口市に設置されました。他の市町は、これから設置される予定です。


 岡山市内において、申請窓口になっているのは、

 北区支所、御津支所、建部支所、中区役所、東区役所、瀬戸支所、南区役所、灘崎支所

です。


 被災した市町への他県からの人的支援の状況は、

 倉敷市の避難所運営等に、東京都53名、福岡市41名、

 総社市の避難所運営等に、仙台市5名、新潟市12名、

 倉敷市の罹災証明事務に、関東広域連合2名、東京都2名、鳥取県5名、

 倉敷市への支援物資の拠点運営に、埼玉県10

となっています。

 これからも他の自治体から応援に入っていただけることになっております。全国らの応援に心から感謝します。



                                       太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-16 10:30 | 正孝の活動 | Comments(0)

迅速な対応―道路補修―

c0326333_09210592.jpg


 ご近所からの「道路に穴が開いている」との連絡で、現場へ直行。直ぐに岡山市役所に補修を依頼すると、ものの1時間のうちに、歩道にできた直径20センチ、奥の空洞は40センチ以上の穴を治してくださった。迅速な対応に感謝です。


 補修して下さった職員の方に原因を聞くと、この度の道路冠水で、水脈に多量の水が流れた時に、土砂も一緒に水筋を通って流されたものではないかとの話を聞いた。そして、現在、こうした補修も増えているそうだ。気をつけていかなければならない。

                                           太田 正孝



c0326333_09230527.jpg



c0326333_09234039.jpg


by masataka2014 | 2018-07-14 09:24 | 正孝の活動 | Comments(0)

復旧工事が進むなかで

c0326333_10365653.jpg


 破堤した箇所の仮復旧が進んでいる。しかし、被災地に手が回らない所もある。声を聞かせていただき、役所につなげる毎日である。不安を少しでも少なくできないものか。局面が変わるなか、次を考えて、対応して、少なくしていきたい。

                                          太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-12 23:21 | 正孝の活動 | Comments(0)

現在の岡山市の浸水被害は約7630棟。

c0326333_00435825.jpg

 日毎に被害の大きさが明らかになって来ている。7月11日14時現在の岡山市の床上浸水-3260棟、床下浸水-4370棟。昨日も、連絡があった被災現場を訪ねたが、市内各地で浸水被害が出ている。そもそも雨量が多いことが一番の原因であるが、排水ポンプの故障や排水経路の曲がり角度が鋭角で流れが悪いこと等が重なって、内水氾濫を起こし、被害になっている。

 この問題は、岡山市にとって大きな課題だ。条例の制定など、これまでも取り組んできたが、内水氾濫対策について、もっと本腰を入れるように、もっと声をあげて行きたい。

                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-12 00:45 | 正孝の活動 | Comments(0)

本日、安倍総理が岡山県に。

c0326333_10355799.jpg


 この度の西日本豪雨は岡山県に大きな被害をもたらした。県は、受援調整部を立ち上げ、他県からも支援をしていただいている。本当にありがたいことである。

 そして、7月9日には、政府調査団が入り、被災地の現場視察並びに県知事、岡山・倉敷・総社の市長と意見交換が行われた。

 今日は、安倍内閣総理大臣が被災地視察と知事との意見交換を行うことになっている。

 どの現場も必死である。国はプッシュ型支援をすると発表しているが、現場からも国へも現状をしっかり伝えねばらない。

 そして、一日も早く、日常を取り戻せるようにしなければならない。

                                            太田 正孝


by masataka2014 | 2018-07-11 10:40 | 正孝の活動 | Comments(0)

初めての出先機関監査を終えて―警察署と県立高校―

c0326333_08325338.jpg


 各地で大雨となっています。皆様のところは大丈夫でしょうか。私の住む地域も河川の水位が上がりつつあります。気をつけて行きたいと思います。

 さて、昨日は初の出先機関の監査でした。警察署と県立高校の二か所でしたが、どちらも適正な会計処理がなされていました。


 警察で、私が気に掛かったことの一つは、駐在所の活動です。中山間地域では空き家が増え続けています。愛媛での脱走犯が空き家を逃げ回ったことは記憶に新しい所ですが、空き家が増えることによって治安が悪くなっていくのではないかということです。警察だけで何とかなることではありませんが、警察の協力もいただいて、治安を守る努力を続けて行かなければなりません。このお願いをしました。


 もう一つの県立高校です。ここは総合学科制で、工業系もあります。ここでは、昨年度CADシステム(コンピュータによる設計支援システム)が購入されています。私が約30年前にメーカーに就職した際、初めてCADを使った時の驚きを思い出しました。このCADシステム、30年前と比べると、かなりコンパクトです。時代の流れを感じます。高校生には、少しでも最新のシステムにふれて、実践力を身に着けて欲しいと願います。こうした取組みもあって、ここの志願倍率は、1.5倍を超しています。頑張っている県立高校があることを知って欲しいと思います。



 出先機関を訪ねると、職員の皆様の熱い思いが伝わってきます。私ももっと頑張らなければと思いを新たにしました。162.png162.png162.png

                                          太田 正孝


*写真は県立高校のCADシステムです。


by masataka2014 | 2018-07-06 08:34 | 正孝の活動 | Comments(0)