ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

選ばれる岡山の県立高校づくりを

平成3011月定例県議会で、私は高校再編に関して一般質問を行いました。
その中の教育の質の維持についての項で、
鍵本教育長は、
学校の教育の質は、学校数だけでなく、
中学校での学習の成果や高校入学後の学習の内容や方法によるものである
とご答弁されました。
また、別な項で、各学校が中学生から選ばれる高校となるよう、より一層の魅力化,活性化に取り組んでいく
との決意を述べられました。

私は教育長のお考えについては、間違いないものだと受け止めています。
課題は、そこに現実をどれだけ近づけることができるのかということが大切ではないかと考えています。


先日、中堅の普通科高校を訪ねましたら、
一部で、子どもの理解状況が変わろうとも、昔ながらの変わらない授業が行われていると耳にしました。
そして、その質がどうであったかを見る物差しの一つとして、高校出口の状況もあります。
私は、入学当初の希望を十分叶えられなかったと感じる結果の高校もあると感じています。
私は、そういうところもあると諦めたくないのです。学校が、子どもたちを諦めさせてはいけない。
学校は、子どもたちの希望の灯を燃やし続けさせるところであるはずです。

今日もニュースの一項目で、
新潮流として、都市部の子どもが選ぶ地方の高校が生まれつつあるとして、
中国地方の高校が取り上げられていました。

私は、教育長のいう「選ばれる高校」になるように、
議会からも、岡山の高校教育の充実に関心を寄せて、議員活動に取組んで行きます。169.png169.png169.png
 
                                     太田 正孝

by masataka2014 | 2019-09-07 09:20 | 正孝の活動 | Comments(0)