ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

旭川ダムで予備放流ができるように、予算計上される見込みに。

c0326333_22490774.jpg

 828日に発表された令和2年度国交省関係予算概算要求において、「旭川中上流ダム再生事業」が盛り込まれました。


 その計画によると、旭川ダムの水利容量の一部を洪水調整容量に振り返えるように変更されます。


 技術的には、現在の放流ゲートより下部に新たな放流部を設けることにより、この変更を行います。このことで、大雨等が予想された時、予備放流が可能となります。


 総事業費は、約450億円の見込みですが、調査に、何年かかかる見通しで、完成時期は明確になっていません。

この動きは歓迎すべきことであり、一日も早い完成をしていただくこと切に望むものです。県議会からも応援をしていきます。

                                           太田 正孝


*写真は、旭川において、昨年の水害直後、土嚢を高く積み上げた箇所。


by masataka2014 | 2019-09-02 22:54 | 防災 | Comments(0)