ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

高校教育の質を確保する為には―11月定例岡山県議会の一般質問の中から―

c0326333_15010230.jpg

前号からの続きです。

 (中学生が)どこどこの県立高校に行きたいと思えるように、県立高校の教育内容の維持を行って頂きたいけれども、この計画で、今後もその維持が出来ますでしょうか。それができないのであれば、十年後にも教育の質が維持出来る学校数は何校なのか、明確にして頂かなければ、この議論は前に進まないのではないか、と教育長に私の意見をぶつけました。

 教育長の答弁は、教育の質は数だけでなく、中学校での学習の成果や高校入学後の学習の内容や方法によるものであり、何校とはお答え難いと断りをされた上で、生徒や地域の実態を踏まえた学科やコース等の設置やICTの活用による個に応じた学習により、小規模校も含めた学校で教育の質の確保に取り組んでいるというものでした。

 私としては、現状の中学校の学習成果をどう評価しているのか、高校によっては学校内で学力格差が開いていないのか、様々な課題があると受け止めていますが、今回は再質問に十分な時間がなく、議論を深めることが出来ませんでした。次回以降に、こうした議論を深めたいと考えています。

                                       太田 正孝

by masataka2014 | 2018-12-24 15:46 | 正孝の活動 | Comments(0)