ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

岡山県の「災害検証委員会」設置に当たって。

c0326333_10033657.jpg


 西日本豪雨では、大雨特別警報の発表、市町村の避難情報を出して早めの行動を呼び掛けたにもかかわらず、逃げ遅れたが人が多くいて、多くの人命を失うことになった。

 このことを重く受け止めて、岡山県では、「災害検証委員会」を設置することになった。

810日の岡山県議会総務委員会での説明によると、この検証委では、市町村による避難情報発令のタイミングや伝達方法、市町村に対する県の助言・支援等について、検証するとのことである。

こうした説明に対して、ダムの放流についても取り上げるのかと訊ねたところ、「入る」との回答であった。

また、地域防災・危機管理の関係の専門家4名、河川工学の専門家1名で構成されることに対して、河川の決壊が起こっていく過程のなかで、どうであったのかを検証することが狙いであるが、ソフトの関係の専門家が多いことについて質問も出ていた。



浸水被害が多かった私の住む地域では、逃げたのは自宅の二階という人が多かったのだが、避難情報の発令について、その内容・タイミング等はどうだったのか、また、市町村との連携の在り方についてもどうだったのか、今後のために解明をしておかなければならない。


県議会から、県当局に、これからも実情を伝え続けて、人命を守れる体制に変えていくことを求めて行きます。



                                          太田 正孝


by masataka2014 | 2018-08-11 10:03 | 正孝の活動 | Comments(0)