ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

みなし仮設住宅に関して

民間賃貸住宅借上げ制度【みなし仮設住宅】(注1)への申請窓口が、現在、設けられています。

この災害で住宅が全壊等している3~4人の世帯の場合、月額8万円以下の住宅について、家賃は県が負担をします。

 詳細は、ホームページ(アドレス http://www.pref.okayama.jp/page/567675.html)をご覧くださればと思います。

 現在の倉敷の窓口の状況ですが、申し込みに多くの人で行列が出来ているとの報告が入りました。暑い日が続いており、もっとスムーズに手続きができるように、県当局にも伝えて行きます。


                                       太田 正孝

(注1)民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)について

 この度の豪雨災害により住居が全壊等の被害を受け、自らの資力では住居が確保できない被災者に対して、岡山県では、民間賃貸住宅を借り上げて無償で提供する事業をしています。その事業名が、民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)となっています。

 

 この事業の対象となるのは、災害救助法が適用された、岡山市、倉敷市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、浅口市、早島町、里庄町、鏡野町、西粟倉村、吉備中央町、矢掛町の合わせて18の市町村です。





by masataka2014 | 2018-07-21 17:49 | 正孝の活動 | Comments(0)