ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

これから一般質問の内容を練ります。

c0326333_00570988.jpg

 前号で、教育長の「進路を切り拓く」という言葉を思い出したことを書いた。この進路という言葉から、就職であったり、進学であったり、色々なことを連想するのであるが、今日は岡山朝日高校が独自入試を行っていることに触れたい。

 この独自入は岡山県内の県立高校の中で唯一今も尚行われている。岡山朝日高校が、独自入試が必要と考えているからこそ、行っているのだというのが私の認識だ。

 何故、共通問題では駄目なのか。独自入試では、どのような学力が図れるのかということになるのだが、倍率は1.15倍であった。平成29年度の岡山市の中学校卒業者数は6812名であったから、どれくらいの生徒が受験をしたのだろうか。今日は、この点について、これ以上踏み込んで書くことを控えたいが、独自入試があることは事実である。高校の在り方が検討されるなかで、入試の在り方も考える時期に来てるのではないかと考える。

 今日から、6月定例県議会が開会した。質問原稿をこれから練ってきたい。

                                                                                 太田 正孝

by masataka2014 | 2018-06-08 00:57 | 正孝の活動 | Comments(0)