ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

高校の選択に関して(その1)


 岡山県立高校の総合選抜制度が廃止されて、久しい。私が卒業した30年以上前は、どの普通科高校に行ってもほぼ同じように思っていたが、今は少々違っているように感じる。


 分かりやすくするために、今回は岡山市内の国立大学合格者実績の観点からの比較をしてみたい。


 今春の現役・浪人を含めて、最も合格者数を出した高校の実績は、200名をはるかに超える。現役率は約60%である。


 一方で、その半分ぐらいの実績の学校もある。しかし、現役合格者数のみの数字をみると、一学年の定員数が違うことも考慮すれば、相当に健闘をしている高校もある。この学校の現役率は90%を超えている。


 一番大切なことは、大切な高校三年間で何を学ぶかである。最後のところは、その結果でもあるが、学校の実績の表面的な数字にばかり目を奪われずに、中身をもっと見て、自分の夢を叶えるに一番近い学校を選んで欲しい。


                                          太田 正孝




by masataka2014 | 2018-05-08 08:50 | 正孝の活動 | Comments(0)