ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

障がい者就労継続支援A型事業所のことを取り上げました―二月定例岡山県議会―



 昨日の一般質問で、障がい者就労継続支援A型事業所のことを取り上げた。
 ことの発端は、倉敷のA型事業所での大量解雇であった。
 この問題に対して、伊原木知事は昨年の9月定例会で「今後、雇用開発助成金に依存した経営からの脱却や生産性の向上に向け、ヒアリング調査をしたり、専門家を派遣したりする」と解決の方向性を示した。

 私は、そもそも、A型事業所は、固定客を持つか、他の事業者から継続的に仕事をもらえなければ、安定的な経営はでき無いのではないと考える。そうなると、事業所の責任者には、新聞報道にあったように、「経営センス」、「営業センス」等が求められるけれども、現在、安定的な経営が出来ている所はいくらあるのかと尋ねると、保健福祉部長から、二割との答が返ってきた。

 8割の事業所が厳しいということは、助成金に依存し過ぎてきた体質にも問題があるし、生産性向上以前の問題が横たわっている。

                                     太田 正孝

by masataka2014 | 2018-03-08 22:19 | 正孝の活動 | Comments(0)