ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

国際バカロレアに関する調査・研究報告について―岡山県教育委員会―

28日に、岡山県教育長から諮問されていた「国際バカロレアに関する調査・研究委員会」から報告があった。


この国際バカロレアとは、ジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する国際教育プログラムのことである。最終試験に合格すれば、国際的に認められる大学進学資格(国際バカロレア資格)が取得できる。

こうした国際バカロレアを導入している公立高校が神奈川県や広島県などにあるのだが、この報告書では、その可能性について調査研究をしている。

結論として、既存の公立高校に導入する場合、初期投資2千万円、年間維持費1億円がかかるとなっている。その他に、導入に経験豊富な人材確保が必要など、様々なハードルがあるとまとめられている。



この国際バカロレア導入は、現状では難しい。このプログラムの特長の一つは、このプログラムの持つ全人教育であるとも記されているが、自分たちで、主体性を持ちバランス感覚の優れた人材を育成をすることは、これまでもSGH(スパーグローバルハイスクール)等の取組のなかで行ってきたことだし、今までのプログラムを進化させる方向に目を向けるべきであると考える。

                                         太田 正孝



*報告書のアドレスは次の通りです。http://www.pref.okayama.jp/site/16/545969.html


by masataka2014 | 2018-02-11 23:28 | 正孝の活動 | Comments(0)