ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

教育課題がそのまま現場に来ている現状を見て。


c0326333_07442362.jpg



先日、イマージョン教育のことをこのブログで伝えた。
イマージョン教育とは、簡単に言えば、算数や図工などの英語以外の教科を英語で教える教育のことと言えば良いだろうか。
このイマージョン教育も、英語教育の充実の一つの手段として始まったとも言える。
その英語教育もグローバル人材の育成という社会の要請から出てきた教育課題だ。

出てきている教育課題はこれだけではない。
様々な教育課題が出されて、ここのところ現場に求められていることは
理数離れの食い止め、近代史の学習の確保、総合学習の導入、道徳の教科化、問題行動を少なくすること、不登校の子どもを減らすこと、学童保育の充実などである。
いま35人が級の段階的な導入が進められているが、
今の体制ではこれら全てのことをいっぺんに対応することが出来るのだろうかと思ってしまうようなこともある。
やれるような体制をどのように作るのか、正にここが教育委員会の力の見せどころではなかろうかと思うのだが、
ただ予算や人の確保の問題がある。
ここは政治の責任である。

私の責任は重い。

                                太田 正孝


by masataka2014 | 2015-11-11 08:01 | 正孝の活動 | Comments(0)