ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

児島湖・児島湾を視察して。

c0326333_21570810.jpg


本日は次世代に誇れる児島湖・児島湾を考える議員懇談会で現地調査に出かけた。
私は二度目である。
児島湖と児島湾との水位差があるために、
移動に当たっては、パナマ運河などと同じような方法がとられる。
このことについて少し説明すると、
児島湖と児島湾の間に貯水槽が設けられていて、
この貯水槽の水位を二枚のゲートによって
児島湖の水位に合わせたり、
児島湾の水位に合せたりすることで
児島湖から児島湾への移動やその逆の移動を可能にしている。
この移動に関しては船ごとエレベーターに乗っているような感じである。
この瞬間はとてもドキドキする。

この方法で、私たちは児島湾から児島湖に入った。
やはりというか、水の色が違う。
透明度が低くなるのである。
それでも以前よりは随分良くなっている。
透明度は約0.5mである。
そして、船を進めると、鯔は児島湖の水面を飛び跳ねている。
元気なものだ。

かなり進んで児島湖の奥近くまで来たら、流域下水処理場がある。
この処理場の浄化能力は全国でも有数の高いものである。

また、護岸を確認すると、
平成16年の被害を受けてことをきっかけに
新しい基準で防潮堤が整備されていることが分かる。

今回の調査は、環境や農業・漁業振興の面だけでなく、
防災、土木の面についても調査したのだけれども、
議員懇談会会長が調査終了時の挨拶で「浚渫など多くの課題がある」と
言っていた通り、多くの課題があることを感じた。

今年の夏も全国で大きな災害が出たが、
何かあってからでは遅すぎるのであって、
早め早めの対応が行われるように関係機関への働きかけを強めて行きたい。

                    太田 正孝
c0326333_21562923.jpg



c0326333_21572813.jpg






c0326333_21553688.jpg




c0326333_21545654.jpg




c0326333_21541386.jpg



c0326333_21522361.jpg




c0326333_21513077.jpg




c0326333_21515835.jpg





c0326333_21504239.jpg
*この白い円盤で水の透明度を測る。円盤を沈めて行って、見えなくなった所が透明度の水深となる。
             


by masataka2014 | 2015-09-29 22:36 | 正孝の活動 | Comments(0)