ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

餅つき大会に参加して。

c0326333_18150883.jpg


今日はスポーツ少年団の餅つき大会に行きましたら、
小学校のグラウンドにかまど、薪、石臼、餅を作るテーブルなどが準備されていました。
杵は子ども用までありました。
今日はどれくらい作るのですかと世話人の一人に尋ねると、
もち米を20キログラム買っているとの返事。
これだけ多くあるのですから、
何臼も突くことになります。
子どもたちも大人に教えてもらいながら、
一生懸命杵を振っていました。
家では最初から最後までの工程を行うことは少ないでしょうから、
お餅がどうやってできるのかよく分かったのではないかと思います。

ところで、ついこの間、餅つきで「お餅の返し」を初めてしました。
初めてでしたので、テンポ良くもいきません。
情けなかったです。
それから、その出来上がる途中のお餅に触ると、その熱さときたら、
手が火傷しそうなほどで、返しもいっぺんに返せません。
これは恥ずかしいものでした。
こうしてやってみて思うのは、
何事もやらければ分からないものだということです。
併せて、この役をして、私の母は正月のお餅を作るのにいつもこのような熱い餅を返しているはずなのに、
どうして母の顔はいつも変わらないのだろうか。疑問がわいてきました。
多分何十年もしていて、経験から要領を得ているのでしょう。
今更ながらに何もやっていなかったことを恥じます。

子どもたちにいろいろな経験をして、
何事にも積極的に取り組むことができる大人になって欲しいと願います。
私としては、そういう経験が多くできるような環境も作っていきたいと思います。

                    太田 正孝

c0326333_18154503.jpg



c0326333_18160611.jpg



c0326333_18152514.jpg

by masataka2014 | 2015-01-11 18:55 | 正孝の活動 | Comments(0)