ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

6月定例県議会での取り上げたことの中から(まちづくりについて)。


6月17日、岡山県議会一般質問で取り上げた中の一つをご紹介します。

これまでもピッツバーグの視察については報告をしてきましたが、

ピッツバーグの特長は岡山の特長によく似ています。

ついてはピッツバーグのして良かったことは、

岡山でも取り入れれば岡山も再生するのではないかと帰国後ずっと考えていました。

その思いを込めて、今回の質問作りをしました。


ピッツバーグの特長は、

053.gif物価が安い

053.gif犯罪が少ない

053.gif美しい公園がある

053.gif川がある

053.gif輸送手段がある

053.gif良い大学―良い教育がある


一方、我が街岡山も

058.gif東京、大阪などに比べて物価も安く、犯罪も少ない。

058.gif後楽園、西川緑道公園、半田山植物園、総合運動公園など公園がある。

058.gif旭川、吉井川という美しい川がある。

058.gif高層道路網がめぐらされていて、岡山空港がある。

058.gif岡山大学をはじめ多数の大学ある。

このようにピッツバーグと全く遜色がないのです。

c0326333_21145401.jpg

さて、ピッツバーグがしたことは、

ピッツバーグの特長をさらに輝かせるために

072.gifトップのリーダーシップ

072.gif財政力(企業の財政力と行政の財政力とを合わせた力)

072.gif地域的な戦略

072.gif住民からのボトムアップ

072.gif都市のコアの強化

072.gif教育への投資

072.gif高品質な生活を送るための投資(5つの財団が街づくりに投資をした)

という内容を盛り込んだまちづくりの方針を、

市長、郡のトップ、大学の学長でストラテジィ21という形でまとめ、

この方針を実行していくことを合意させたのです。

c0326333_21305667.jpg

こうしたことは本県でもできることではないかと、みなさん思いませんか?私はできると思いました。

幸いにも岡山県も生き活きプランを作り本県のまちづくりも含めた方向性を作っています。

それらを具体化するために大学等と協定を結ぶなど連携し、優秀な人材を活用して、実効力を高めることができれば、ピッツバーグのように元気になるのではないでしょうか?そのことを知事に直接訊きました。

この問いに対する知事の答えです。

「県政を推進する上で、大学等が有する知的資源や人的資源を活用することは重要であると考えております。そのため、これまでも、子育て支援をはじめ、医師など地域医療従事者や中核的な理数系教員の養成、さらには農林水産業の振興といった様々な分野で、大学はもとより、ボランティア・NPO、企業などと協働の取組を行ってきたところであります。今後とも、県政の基本目標である、全ての県民が明るい笑顔で暮らす「生き活き岡山」の実現に向けて、引き続き、大学をはじめとする多様な主体との連携の強化に努めながら、プランの実効性を高めてまいりたいと考えております。」

というものでした。


知事には私の思いを理解して頂けたとも思います。


ピッツバーグに負けない暮らしやすい街にしていきたいと誓います。066.gif


         太田 正孝


by masataka2014 | 2014-06-25 19:30 | 正孝の活動 | Comments(0)