ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

東京オリンピック2020の事前キャンプ誘致について

c0326333_20461562.jpg
昨日国の担当者ところと国立霞ヶ丘陸上競技場に足を運び、
今日は東京オリンピック2020の準備状況を聞くために同僚議員と東京都を訪ねた。006.gif
c0326333_20455153.jpg
担当者は2016年の誘致にも2020年の誘致にも関わったけれども、
前回と今回では全く空気が変わっていたそうだ。
2016年は南米で初開催をすることが当然の風として吹いていたが、
2020年は2016年の立候補もあって、
東京への流れがあったとのこと。
それはジュネーブを訪ねた時にとくに感じたと言う。
前回はトコトコ行ったが、
今回は迎えがあったそうだ。
そんな違いがあるんだと聞く方も思ってしまった。003.gif
選挙に勝つときというのは、
こういうことがいっぱい重なるんだろうなぁ~。027.gif
c0326333_20451957.jpg
さて、キャンプの事前誘致である。
どんな誘致活動をすると良いのかと尋ねると、
明解な答えが返ってきた。
ロンドンオリンピックでは約500の事前キャンプが実施されたとのことで、
参加数は出場国以上。
これは出場選手が多い国は種目ごとにキャンプ地が違うからだということで、
それはそうだろうと頷いてしまった。
それではどやって岡山に呼ぶのかということであるが、
相手が決めることで、東京都が決めることではないというのだ。
要するに、情報は東京に出しても、
キャンプを実施する国や選手団等がそこでしたいと言ってくれないとどうにもならないという話だ。
そういうこととなれば、種目ごとにネットワークをフル回転しろということなのだ。
具体的には世界で活躍する選手のネットワークをお借りするということになるのだろうか?
これは岡山県の底力が試されているということだなぁ―。070.gif
まずは多くの岡山県民がこのことを知らないといけないなぁ―。
あらゆる方法で広めなくちゃ―。071.gif
c0326333_20445281.jpg
                  太田 正孝

by masataka2014 | 2014-06-05 20:53 | 正孝の活動 | Comments(0)