ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

収入証紙廃止の方針‼️ー岡山県ー

収入証紙廃止の方針‼️ー岡山県ー_c0326333_22195702.jpeg


 今日の岡山県議会総務委員会で、収入証紙を廃止する方針であることを発表しました。実施時期予定は2023年10月です。

 取り扱う分野によっては10億円以上の取り扱いがあるとのことです。

 条例案提出時期は2023年の二月定例県議会だとのことです。デジタル化を進める中で、やらなければならない一つと考えていますが、詳細についてこれからしっかり勉強していきます。

              太田 正孝

☆写真は筆者です

# by masataka2014 | 2022-05-26 22:13 | お知らせ | Comments(0)

秋に東京での県人会が検討され始められ出しました。

秋に東京での県人会が検討され始められ出しました。_c0326333_00270494.jpeg

 東京出張。岡山県の関係先を回りました。県人会もゆっくりですが動き始めたと聞きました。そしてこのまま新型コロナウイルス感染症が収束していけば、秋に三年ぶりに県人会を開催したいとの話も上がっていました。早く収束することを願ってやみません。

             太田 正孝


☆写真は関係機関をまわっている道中で撮影したものです

# by masataka2014 | 2022-05-26 00:20 | 正孝の活動 | Comments(0)

水島発電所二号機の廃止の報を聞いて。



 昨日、中国電力は水島発電所2号機(出力15万6千キロワット)を廃止すると発表した。約60年の稼働であった。これは時代の流れとも思うが、水島の雇用も小さくなるし、地方行政への歳入も減少することになる。水島の重要性がこれからも維持新らように、地方行政はできるだけの協力はすべきである。県議会からもその声を上げ続けていきます。

            太田 正孝



# by masataka2014 | 2022-05-24 07:54 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県庁の耐震化工事は⁈ー世界情勢の影響はー



 「ゼロコロナ政策」をとっている中国は、現在、ロックダウンを行なっている。その影響で、サプライチェーンや生産活動の一部に混乱が起きている。

 その影響として、自動車産業において新車納入が大幅に遅れていることをよく耳にする。そして、建築関係に従事する方からも、物が入らないとの声もいただく。

 こうした状況の中で、県民生活への影響とともに、県の工事についても影響が出てくるのかどうかとても心配になっているところである。そうした思いから、過日の県議会総務委員会で、現在進められている耐震化工事について、日程、工事金額ともに予定通り出来るのかどうか確認した。県当局からは今のところ予定通り出来ているとの答弁があった。

 経口薬の承認の話が出てきている中、外部要因によるブレーキがとても気にかかる。地域経済回復について、早め早めに県当局との情報交換を図っていきます。

                 太田 正孝



# by masataka2014 | 2022-05-22 08:32 | 正孝の活動 | Comments(0)

EVの軽自動車が発表されて。

EVの軽自動車が発表されて。_c0326333_08590898.jpeg


 昨日、倉敷市で日産自動車と三菱自動車が合同の新車発表を行った。発表した新型車はEV軽自動車である。値段は国の補助金を活用すると、中心となるだろうグレードは200万円を切る設定となっているとのことである。どんな走りなのか、どのような使い方が出来るのか、今から楽しみである。

 このEV軽自動車の件を筆者は岡山県議会令和3年6月定例会で取り上げたことがある。
 その時の産業労働部長の答弁をご紹介します。次の通りです。
「国のグリーン成長戦略では,この10年間はEVの導入を強力に進めることとしており,軽自動車については,EVへの転換に特段の対策を講ずるとされております。また,国内自動車メーカーにおいて,投入計画が発表されるなど,今後,軽自動車についても,EV化の取組が進められるものと考えております。現在,県では,EV化に関する情報提供や研究開発への支援,投資の促進などに取り組んでいるところであり,今後は,技術開発を推進する人材の育成や大学との連携によるコンソーシアムにおいて,部品の軽量化等の共同研究を進めるなど,県内企業の技術力のさらなる向上を図ることとしており,軽自動車のEVシフトにも対応できるよう取り組んでまいりたいと存じます。」

 この答弁から一年弱で、新車発表となった訳です。今、早くに設置された充電設備が更新されずに、増えていっていないとの現状があります。また、集合住宅(アパート、マンションなど)に充電環境が未整備な所が多いなどの課題もあります。こうしたことにも政府が先頭に立ちながら、県もしっかり取り組んでいかなければなりません。これからも、こうした課題について、筆者も取り組み続けていきます。

                      太田 正孝





# by masataka2014 | 2022-05-21 08:40 | 正孝の活動 | Comments(0)