ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

産業用地の確保を―昨日の一般質問から―

c0326333_08101951.jpg




新潟、山形をはじめとする広範囲で地震被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。


さて、昨日は改選後初の一般質問でした。産業振興中心の構成で臨みました。最初に聞いた質問のやりとりを、今日は紹介致します。

市町村営産業団地の支援を行っていますが(新たな県営産業団地は造っていない)、今後五年間で、どれくらいの産業用地が新たに生まれる見通しなのかを訊ねました。産業労働部長からは約40haの産業用地ができるとの答弁で、今のように好調に売れれば、足らないおそれもあることを明らかにしました。私は、再質問で、民間による産業団地開発についても、やり方についてもっと明確にして欲しいとお願いをしました。産業労働部長からは、市町村が状況をよく知っているので、現在の対応になっているとのお話でありました。話が前向きに進むように、もう一踏ん張り、二踏ん張りをしたいと思います。


                                          太田 正孝


*写真は以前の一般質問のものです。


# by masataka2014 | 2019-06-19 08:11 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県委託事業の平成 28 年度製造業成長力基礎調査事業報告書から、注目すべき記述。

c0326333_00291031.jpg

 岡山県委託事業の平成 28 年度製造業成長力基礎調査事業報告書によると、

何点か注目しなければならない点があった。


〇製造業の生産増加は、他産業にも波及する。


〇従業者規模が大きいほど、1人当たり製造品出荷額等、付加価値額が大きくなる。


〇半数近くの企業が5年前よりも売上高が減少し、伸び悩んでいる。

(調査対象:従業委員数50名以上の製造業88社)


〇関東、国内(県内、関東、関西以外)を最重視する企業が増加、今後は海外重視の動きも出てきている。


〇岡山県内からの原材料等の調達は、概ね4割程度である。


〇最近の新事業は、環境、医療・健康、省エネ・新エネ関連が上位となっている。


〇設備について、「生産設備の老朽化」が多く、「生産設備の機能・精度不足」も一定割合ある。


〇期待する支援策の最多は「各種の補助金」、次いで「税制の優遇」など各社の損益に直接影響するものが上位である。


 こうした指摘の中、人材不足、技術不足、設備老朽化などの事情を抱え、進化・適応のスピードが速いとはいえない状況にあることも最後にまとめていた。明日は、いよいよ改選後初めての一般質問である。こうしたことも頭に入れながら、建設的な質問戦にして行きたい。


                                         太田 正孝


         


# by masataka2014 | 2019-06-18 00:29 | 正孝の活動 | Comments(0)

6月18日の一般質問では、産業振興の課題を取り上げます。

c0326333_13250062.jpg

 6月18日の一般質問では、産業振興関連の質問を幾つかする予定にしています。ついては、いろいろ調べています。そのなかで、見つけたデータです。製造業のウェートが弱くなっていると感じていましたら、数字上でもそうでした。県内製造業従事者数は1992年の20.4万人から、2013年には14.1万人と、この約20年間で31%減少しています。世界の動きを見ていると、この傾向は続くと思いますが、地域での産業の空洞化は何としてでも食い止めなければなりません。6月18日には、産業振興について、議論を盛り上げて、地域の活性化に結び付けていきたいと考えています。

                                          太田 正孝

# by masataka2014 | 2019-06-15 13:25 | お知らせ | Comments(0)

6月18日、火曜日、四番目に一般質問を行います。

c0326333_12335836.jpg

 6月18日、火曜日、四番目に一般質問を行うことに決まりました。選挙中に皆様といろいろお約束したなかで、産業振興の件を、今回は取り上げようと思います。なかでも、自動車産業のことをメインにしたいと考えています。現在、国内8メーカーの生産台数は、2018年で、国内が 9,728,528台、海外が19,965,912 台と約二倍となっています。現在はガソリンエンジンが中心ですが、EVが中心となるようになれば、また、海外で工場が適切配置されれば、今の数字は変わり、県内の産業構造は変化を余儀なくされます。変化が起こる前に、県としてのスタンスを明確にする議論が行えればと思い、登壇します。13時30分以降の質問となると思いますので、ご都合がよろしければ、是非県議会までお越しください。

                                            太田 正孝

*写真は以前に登壇した時のものです。

# by masataka2014 | 2019-06-14 12:35 | お知らせ | Comments(0)

空を見上げて

c0326333_22204055.jpg


 今年は、これまで少雨量である。そのため、中山間地域のある知人が、田んぼに水を溜めることができないと嘆いていた。天気は難しいものである。

                                           太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-06-12 22:21 | 正孝の活動 | Comments(0)

時代を先取りした産業構造に

c0326333_21270621.jpg

一般的に産業振興として頑張ると言えば、単純に企業の本社や工場の誘致に力を入れるとうことでありますが、本県では、情報ハイウェイ構想の推進により、IT環境の整備をどの県よりも先んじて行って、IT企業の受け入れにも力を入れて来たと言えます。本県は素晴らしい先見性を持っていたと思うのです。


その効果もあって、データバンクセンターの進出は進みつつあるものの、ITなど高度な技術を持ち賃金が高い企業の進出は、必ずしも進んでいるとは言えません。そして、今も高収入好条件の仕事を求めて若年人口が都市部に流出しています。若年人口の流出を食い止める策を講じていかなければなりません。


 一部で成果はありますが、何故、若年層が流出し続けているのかを考えておく必要があるのではないでしょうか。

 これまではハード整備を行えば、現場の生産性が向上し、収入を増やしましたが、現在は、中程度の技能労働を中心とした生産システムをいくら磨き上げても、なかなか収益が上がらない時代へと変わって来ています。ついては、そこでは高賃金を得にくい状況となってきています。


 その対策をこれからどうやっていくのか、この点について、地方がこのまま放置していくと、地方は益々疲弊していくのではないでしょうか。


 私はこの点についてもっと考えを深めていきたいと考えています。なかなか難しいことですが、がんばってやってみます。

                                         太田 正孝



# by masataka2014 | 2019-06-07 21:28 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県でのITのもっと活用を-昨年の経験から-

c0326333_09130436.jpg


岡山県では、情報ハイウェイ構想の推進により、情報通信網の整備が他県よりも早く整備してきて、県当局はネット社会にいち早くシフトしていくことが出来ていたのではないか。しかし、昨年の水害では、連絡をファックスに頼っている部分も多くあることが判明した。私は
IT技術をもっと活用すべきであると考えるのだが、何故進まなかったのか、この点を考えるべきではなかろうか。色々と思う所があるが、この点を整理して、緊急時に対応できる県にしていきたい。

                                          太田 正孝

追伸

写真は岡山県議会で私が質問している時のものです。今日、6月定例県議会に向けて、議会運営委員会が開催されます。

# by masataka2014 | 2019-06-04 09:14 | 防災 | Comments(0)

ラジオ番組に出させて頂いて

c0326333_08211359.jpg


先日、初めてラジオに出演しました。どうやって収録をするんだろうか?心配ばかりしていました。といいますのも、県政テレビ討論(年に一回程度出させていただいています)では、テレビカメラを意識しすぎて、いつもコチコチになってしまうからです。


今回は司会者のおかげで、ある程度、自然にしゃべることができたのではないかと勝手に思っています。テーマは、防災。私が防災関係の特別委員会委員長になったということもあり、このテーマにしていただきましたけれども、もしも、聞いた方がおられたらどうだったでしょうか?


この時、二曲をリクエストさせて頂きました。

一曲目は、浜田省吾の「東京」。

高校生の時、友人の影響で、洋楽、なかでもハードロックをよく聴いていたのですが、ある時に浜省、浜田省吾さんの音楽に出会いました。歌詞にとても共感する部分がありました。


二曲目は、西野カナの「Darling

 西野カナさんの曲をクルマの中でかかると、運転が楽しくなります。それから、こどもの保護者会で西野カナさんの出身高校を訪ねる機会がありまして、その学校で、西野カナさんのお話を聞いて、とてもファンになりました。


今回の出演は、とても思い出に残るものでした。出演の機会を作っていただきました知人の方に心から感謝致します。


                                       太田 正孝

 


# by masataka2014 | 2019-06-03 08:25 | 正孝の活動 | Comments(0)

被災現場を訪ねて―道路の復旧―

c0326333_08450879.jpg


 先日、昨年の西日本豪雨の被災現場を行く途中に、片側通行の所がありました。現在,着手されて、法面が補修されていたので、いずれは全面通行が可能となりますけれども、これからという所もあります。多くの地域の方から、早くして欲しいとの声を伺っています。早くするために県庁も一生懸命しています。また、今後、災害に遭った時の避難路についても、多くの相談を受けています。この点も、大切なことです。地域の声をしっかり行政当局に伝え行きます。

                                            太田 正孝

*写真は現場を訪ねた時のものです。

# by masataka2014 | 2019-05-28 08:47 | 防災 | Comments(0)

浸水現場を訪ねて―西日本豪雨の爪痕―

c0326333_08554197.jpg


 防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会委員長を拝命してから、被災地域からご相談を受けます。


 先日は現場を見に来て欲しいとのことで、現場に行きました。原因の河川では、河道掘削、樹木伐採が進められていましたが、二メートル以上も浸水した倉庫で働く人にお話をお伺いすると、まだ心配であるとのことであった。私も倉庫のどこまで使っていたかを壁で確認すると、約二メートル四〇センチの所まで色が黒くなっていました。ここはよく浸水する箇所で、他にも山からの土砂が流れ出てくるとの問題も話してくれました。

河川改修計画の見直し区間でもありますので、住民の方々の声をしっかり県当局に伝えていきますし、他の地域についても、もっと足を運んでいきたいと考えています。166.png

                                            太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-05-27 08:58 | 防災 | Comments(0)

明日の防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会を前にして

c0326333_08353805.jpg


私は、今期、防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会委員長を拝命しました。

初委員会は明日の予定です。

所管事項は、委員会名から分かる通り、幅広くあります。

ついては、明日の一回目と31日の二回目との二回に分けて、担当課から概要説明をして頂く予定にしています。

どれもこれも大切な課題ばかりです。充実した一年になるように、毎回準備をしっかりしていきたいと思います。

一年間、がんばります。

                                             太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-05-22 08:37 | 正孝の活動 | Comments(0)

新成羽川ダム、事前放流へ。

c0326333_07141098.jpg


 昨日、中国電力は、大雨等の場合、新成羽川ダムで事前放流を行うことを決めたと発表されました。この件は、岡山県議会においても、昨年の西日本豪雨で甚大な被害が出た後、何度も問題として取り上げられていました。ここで大きく動き出しことは喜ばしいことです。この事前放流は中四国地方では初めてのこと。大きな決断をした中国電力に感謝したいと思います。そして、今回、一生懸命動かれた方々に心から敬意を表します。


 まだまだ他にも課題はあります。516日に、岡山県議会の防災関係の特別委員会の委員長を拝命し、私自身、県民の生命財産を守るために、もっともっと動いていきます。

                                          太田 正孝



*写真は昨年の西日本豪雨で出た災害廃棄物の集積場所の様子(当時)


# by masataka2014 | 2019-05-21 07:16 | 防災 | Comments(0)

岡山県内の産業振興を行う上で、県がやるべきことは。

c0326333_05225215.jpg

 新聞報道によると、本県に生産拠点を置く三菱自動車の2019年の売上高は25145億円(前期比14.7%)であった。大幅な伸びであるが、その前に色々あったことを考えると、・・・。そして、自動車業界全体を見ると、米中市場の低迷や完成品検査の不正問題等で、各社の最終利益は減益であり、決算状況から見えてくるものは、益々経営課題が増えていることではなかろうか。とくに、次世代自動車の開発には莫大な資金が必要となり、競争に勝ち抜くことは並大抵なことではない。


 そのなかで、岡山県は産業振興を一丁目一番の政策に置いている。産業の主力の一つが自動車産業であることは間違いなく、伊原木県政はEVシフトの支援に注力している。


 トレンドは、EVシフト、自動運転化等であるという理解に立つのであれば、そうした人材を如何に育てるのかが大きな課題ではなかろうか。とくに、県としては、そうした人材を育てる環境が県内にあるのかどうかの現状分析は欠かせないことではなかろうか。現状は、他県よりも人材が多いとは言えないのではなかろうか。この点の現状を調査して、県当局に提案をしていきたい。

                                             太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-05-16 05:23 | 正孝の活動 | Comments(0)

自民党内で議会人事協議を行いました。

c0326333_09041957.jpg


三日間に及ぶ自民党県議団内での会議で、議会人事が内定した。
私は、総務委員会委員、防災・環境対策・スポーツ振興特別委員会委員長を拝命する予定です。
正式には、5月16日の臨時県議会で決まりますが、重責を今から感じています。
一方、党内人事については、この三日間では決まりませんでした。
当選四期目になりますが、このようなことは初めてです。
夏には参議院議員選挙もあり、挙党体制で臨めるように、最善の体制になるように汗をかいていきたいと考えています。

                                         太田 正孝

*写真は当選証書授与式のものです。

# by masataka2014 | 2019-05-14 09:05 | 正孝の活動 | Comments(0)

5月16日に臨時岡山県議会が招集されるに当たって。

c0326333_08424763.jpg

 自民党県連の役員人事についての協議が一昨日、昨日と二日間行われたが、結論に至らなかった。

 この県連役員の任期は二年であるので、二年毎に協議がなされるのであるが、今回は改選後ということで、とくに協議が慎重になる傾向となる。この改選後の協議の中で、今後四年間の県政の運営の方向性が形作られていくような感じがするのである。


 まだ協議中であるということで、ここに書くことは差し控えたいが、西日本豪雨からの復旧復興、中山間地域の振興、教育再生など、岡山県にとって待ったなしの課題が山積している。この県連人事後には、正副議長候補、常任委員会委員長候補等の協議に移る予定になっている。


 臨時岡山県議会は516日に開催される。その場までに、仲間としっかり協議をして、より良い人事案を出していきたい。

                                           太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-05-11 09:39 | 正孝の活動 | Comments(0)

県民に分かりやすい県政を―笹ケ瀬川整備事業から―

c0326333_08422690.jpg

 平成30年11月定例県議会で、私は土木部長に笹ケ瀬川の整備に関する質問を致しました。

 その時に、土木部長から、

「整備基本方針という100年の洪水規模を目指したものでございますけれども,その中では長期的なものとして貯水池を確保するとのことでございます。一方で現在の整備計画につきましては,当面30年度程度の整備スパンを目標にしております」

との答弁をいただきました。

 誠実なご答弁であったと思うと同時に、この百年の洪水規模と当面三十年の意味の違いについて分かり難い話でもあったように思います。流域の方とお話をしても、この件を理解している人はほとんどおられないように思います。
 新しい任期が始まりましたが、県民の方が安心できる県政になるように、汗をかいていきたいと思います。

                                       太田正孝

# by masataka2014 | 2019-05-07 08:42 | 防災 | Comments(0)

GWが明けると、新しい任期。四期目もがんばります!!



c0326333_08565717.jpg

 今日からゴールデンウィークがスタート。皆様はどんなGWを送られるのでしょうか。県議選収支報告書と政務活動費収支報告書の提出がGW前の期限に何とか間に合い、ほっとしているところですが、スケージュールは今日も地元で地縁団体の総会に出席する予定にしています。


 さて、GWがあけると、県議会が始まります。最初の仕事は議会人事です。私は四期目ですので、今回は表舞台よりも下支えをする役回りになりそうです。どういう役を与えられようとも、期待に応えられるような仕事をしたいと考えています。

 また、選挙で約束したことについては、これまでの経験を活かして、もっと能動的にやりたいと考えています。とくに、住民自治の観点から、何か動きを興したいと思いを煮詰めているところです。


 このGW10日間、しっかり充電もしたいと思います。みなさんも、素晴らしいGWを送られますことを心からお祈り申し上げます。

                                         太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-04-27 08:59 | 正孝の活動 | Comments(0)

男性の意識をかえなくては!!―少子化問題を考える時に―

c0326333_08312557.jpg


 昨日、少子化問題を取り上げたが、子育てするなかで、悩む中に、育児休暇、保育園探し、小学校入学以降の働か方、PTA活動、受験等といろいろあります。


 今日は、これらのなかの育児休暇について綴ってみます。

 我が家でもそうでしたが、育児休暇を取ると、キャリアにどのような影響が出るのかどうかがとても心配になります。折角ここまで頑張ってきたのだから、管理職になってバリバリ頑張ってみたいという人もおられるでしょう。いつも苦渋の選択を迫れるのは女性ばかりなのはおかしいとの思いを持つ人もおられると思います。そもそも、育児休暇のない職場だという人もおられます。どのケースにおいても、大抵女性ばかりが悩むことになるとの声を伺っています。こうした社会をどのように変えるのかということが、大きな課題です。男性が、この状況を理解し、分担をしない限り、この問題の解決は難しいことだけはハッキリしています。なぜ、男性の理解が進まないのか。この問題について、女性の問題であり、当事者意識が男性に足りない為なのではないでしょうか。それも、男性によって、意識の差が激しくあるためではないかと思うのです。私たち男性が理解を深めなければ、この問題はずうっと解決されない問題となる恐れがあります。私たち男性が変わらなければならないのです。


 その他の問題について、これからも触れて行きたいと思います。今日は終わります。


                                          太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-04-24 08:22 | 正孝の活動 | Comments(0)

少子化対策にもっと力を入れていきます。

c0326333_08314505.jpg



 選挙が終わり、挨拶に行った先で、少子化対策に本気で取り組んでくれているのだろうかとの疑問の声を聞かせて頂くことがある。

 待機児童解消ということで、岡山市では保育園新設でその対応は目に見えて来ているが、他はどうであろうか。

 小学校低学年を中心に行われている学童保育についても、岡山市では体制の見直しを行い、充実を図ろうとしている。


 こうした対応は、共働き世帯の増加により、それらの必要性が高まっているところから始まっている。こうした取組みだけでは少子化に歯止めがかかるものではないように考える。


 そもそも、若い世帯がゆとりある生活ができるような状況にあるのかどうかということが大きな問題ではなかろうか。


 ここ二十年ぐらい、非正規雇用が増加して、雇用が不安定である。所得が増え難い状況の中で、将来を展望し難い。そこに、結婚、家庭、育児は難しいと思う人たちが増えていることは、私も色々な人との話の中から感じるところである。


 その上、最近の政策の中では、中小企業の経営者からも、そこで働いている方からも、不満の声を聞く。益々、不安を増幅しているのである。


 その不満、不安を解消することこそに、少子化克服の鍵があると考える。そこで、県として、何ができるのか。現在も、県当局ら様々な施策が打ち出されているが、もっと効果が得られるものはないのか、今後の県議会で議論を深め、効果的な施策を作り上げていきたい。

                                         太田 正孝


# by masataka2014 | 2019-04-23 08:32 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡村さつきさんの当選の報を受けて―2019年統一地方選挙―

c0326333_08021909.jpg


 昨日、統一地方選挙後半戦の投票が行われた。これで、2019年の春の統一地方選挙が終わった。前半戦は、私自身も当事者で、岡山県議会議員四期目の当選を果たすことが出来たが、涙をのんだ同志もいた。選挙は厳しいものであると思っていたところであるが、後半戦は同志同志が素晴らしい戦いをした。一人は堂々の上位当選である。仲間の議員が次々に応援に入り、選対本部自体が活気に満ちていた。また、子どもの課外活動を通じて、知り合った保護者が応援団に入り、連続当選を果たした同志もいる。どうしても、選挙期間中だけの戦いが注目されるが、任期四年間をいかに送るかが非常に大切なように思うのである。私自身、これからの四年間を大切に過ごしたい。


                                             太田 正孝



# by masataka2014 | 2019-04-22 08:03 | 正孝の活動 | Comments(0)