ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2017年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

教育課題を一つひとつ解決していこう!!

c0326333_08354276.jpg


 一昨日、全国学力テストの結果が発表されたのだが、岡山県における教育の課題は多い。
 
 課題を挙げると、

  基礎学力が定着していない子どもが多いこと

  不登校の子どもが多いこと

  非常勤講師への交通費が二重支給されていたこと

  正規職員の比率が全国の中で低いこと

  教育事務所の事務所費を十分に確保できていないこと

  十分利用されていない旧教育センターの建物のこと

などである。

 とにかく地味道にするしかない。また、先生の待遇については、悪い所は早急に改善するべきである。人が人を育てるので、良くすることで、教育効果も高まると信ずる。169.png                                                                    太田 正孝

by masataka2014 | 2017-08-30 08:36 | 正孝の活動 | Comments(0)

今日の全国学力テストの結果発表を聞いて。


 本日は、岡山県議会決算特別委員会で、企業局の平成28年度決算を承認した。今後、9月定例県議会で採決が行われることになる。

 この件ともう一つ、今日大きなことがあった。全国学力テストの結果の発表があったのだ。ただし、今回から、発表の仕方が変わった。都道府県の競争が激しくなってきていることを踏まえて、発表に工夫がなされたのだ。そうしたなか、岡山県の独自分析で、小学校6年生、中学校3年生の順位を発表した。その発表によると、小学校は昨年の25位から19位、中学校は41位から34位に成績が上がったのだ。この報告を聞いて、子どもたちと多くの関係者の努力が実ったということについて、良かったと思うと同時に、国が懸念するように、順位競争ばかりに目を向け過ぎてはならぬとも強く感じるのだ。なぜ、こうした結果になったのかという因果関係にもっと目を向けるべきである。

 現在、小学校は全科目で全国平均以上であるが、中学校では全科目で全国平均以下である。この原因との一つとして、家庭での学習時間のことが指摘されている。小学校時よりも中学校時の方が家庭の学習時間が減るというデータが報告されている。小学校で出来た家庭での学習習慣が、中学校では続いていないのだ。

 この件をもっと深く分析するとことが必要であるが、既に分析をして、この件を克服しようとの取組をしている中学校もある。良い取組をしている学校の取組を、今以上に広げることをもっとすべきだ。169.png

                                  太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-28 21:34 | 正孝の活動 | Comments(0)

中山間地域地域の生活を守るために、もっと踏み込んだ計画を!!

c0326333_07374337.jpg


 今後の吉備高原都市のまちづくりについて、将来人口の見通しが曖昧なままであることは既に報告した通りであるが、これまでも県内の人口は減少し続けるという報告がされてきている。ここは計画を人口見通しのもとに、見直しを図るべきではないだろうか。

また、ほとんどの中山間地域で、人口減少が起こっており、現状のままでの維持は難しいとして、それぞれの地域に「小さな拠点」をつくるとしてきている。この小さな拠点についての必要性について、県民と必ずしも共有化しきれていないし、どうつくるのかについての行程表もつくるべきである。

限られた貴重な財源であるからこそ、もっと大切に使わせていただくべきと考える。169.png


                                     太田 正孝

by masataka2014 | 2017-08-28 07:40 | 正孝の活動 | Comments(0)

今日も吉備高原都市のことを書きます。

 今日も吉備高原都市のことについて書きたい。そう思うのは、今日も出来事があったからだ。今日は、岡山県議会総務委員会で、吉備高原都市の進んできた経緯と平成293月に示された都市マスタープランの概略についての説明があった。当初、この構想では、3万人の人口目標が掲げられていたが、今の昼間人口は約4千人とのことだ。そして、新たなマスタープランの中では、ここでも急激な人口減少があるような書きぶりもあるのだが、10年後、もしくは20年後の人口はどのような見通しなのか、吉備高原都市を担当する課からは、明解な答えをなかなか聞かして頂けない。そこで、県が今後の人口見通しを立てている人口ビジョンのもとに、県の土地利用計画(この中に、個別の吉備高原都市構想も含んでいる)を作成しているのではないかと質問を変えると、これまた、そうでもないように受け止めることができる答えが返ってくる。

人口ビジョンも県の土地利用計画も、県の中で大きな話である。それらが当然関係しあうはずだと私は考えるのだが、果たして一体どうなのだろうか。私の疑問は深まるばかりだ。

                                      太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-25 22:48 | 正孝の活動 | Comments(0)

就労継続支援就労A型事業所で大量解雇が起きた件について思うこと。

 就労継続支援就労A型事業所で、大量に解雇されるケースが増えている。このことは、今朝の地元の新聞でも一面で報道された。

 このA型事業所では、障害のある方々が働きながら技術や知識を身に付け、自立につながって欲しいと多くの人が応援してきたが、今回の件で、A型事業所の信用が揺らいでしまったのではないかと心配だ。どのA型事業所でも、みんな一生懸命働いているだけに、残念なことだ。

 今回の件では、現状の財政的な仕組みに問題があったのではないかとの指摘も出てきている。現状では、雇用保険の助成金と障害福祉サービスの給付金の二本立ての支援がなっていているのだけれども、自治体の福祉部局は福祉の観点を中心に業務管理のチェックを行うことはできても、労働条件等の労働面についてはなかなか踏み込んだチェックは難しい。今回、明らかになった。これは、その縦割りの隙間で、起きたようにも受け止めている。その他にもまだ問題がある。


 今後については、ここでは弱い立場の人が就労をしているので、私はこうしたことが再び起きないように、チェックの強化は急務であると考える。併せて、解雇された方々の再就職の支援をしなければならない。今回の問題は本当に大きな問題である。

                                  太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-23 21:15 | 正孝の活動 | Comments(0)

県政の課題が多く横たわるなかで、改善の結果を出していこう!!

 こころのところ、吉備高原都市の様々な件について調査をしていて、そのことを知人によく話をする。この課題がまだ県政の中で大きく横たわっていることを認識してもらえるのだが、多くの人から岡山県の教育問題に心配しているとの声をいただく。

 最近では、非常勤講師の交通費の二重支給問題だ。この件は問題であるけれども、そもそも、なぜこれだけ非常勤講師が多いのかという疑問の声が返ってくる。この問題点を指摘されると、その通りなのである。現在の教育問題の根っこはここにあるとも言える。

 この問題は、表面的には量的確保だけの問題にも映る所があるが、財政状況、先生の資質・技量の維持など他のことにも深く係る。今のような状態になったのは、長い年月がかかってのことだ。それは採用倍率を見ても、感じることが出来る。今も採用倍率が高いけれども、以前ほどの高い倍率ではないのだ。これもどうしてなのか、早急に原因分析をして、改善を進めなくてはならない。

 もう課題の羅列ではなくて、一つひとつ改善をし、結果を出していくことを県民から求められていると痛感する。168.png

                                        太田 正孝
by masataka2014 | 2017-08-23 08:36 | 正孝の活動 | Comments(0)

吉備高原都市センター区広場について(続報)

昨日、岡山県議会総務委員会で再度、吉備高原都市センター区広場の指定管理者募集の説明があった。

まず、前回の質問に対する回答がなされた。そのなかで、この広場は、行政財産で、広場として都市計画決定をしている。隣接する吉備プラザの建物は普通財産であるという説明があった。


この吉備高原都市のこれまでの経緯をお伝えすると、人間尊重、福祉優先のまちづくりを進めるとして、1981年から前期計画分432ヘクタールが着手された。しかし、1997年に新規事業を延期、2002年に事業凍結となった。こういう経緯を持つ所である。


今回の一連の質疑応答の中で、この凍結から15年も経ち、今まで決定してきた基本事項の継承が十分できているのかどうかとの疑問を持ってしまった。

 そして、私から、吉備高原都市をどのようにしていこうとしているのか、2002年に定めた基本方針のもと、この広場を活用して、どう活性化等をさせようとしているのかを訊ねた。回答を聞いて、再質問したけれども、回答は十分なものでなかった。持ち越しとなった。168.png

 ただし、指定管理者の募集については、825日に案内を始めることとなった。

 これからも、この吉備高原都市に係わる事項が、総務委員会にかかる。その時その時に、しっかり議論をして、一つひとつを明確にしていきたい。

                                     太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-22 07:05 | 正孝の活動 | Comments(0)

子育て期間を楽しくしたいものだ!!

c0326333_20563431.jpg

少子化なのに、どうしてこんなに待機児童が多いのですか?

なぜ、行くことが出来る保育園を探すのに血眼にならなければばらないのですか?

これらは、政府が女性の社会進出を応援しているはずなのに、現実は違っているという、小さい子どもを持つ家庭の疑問です。

この疑問の後にも、疑問が続きます。

現在、三歳児まで預かる保育園が増えていても、三歳以降はどこに預けたら、いいのですか?

そして、子どもが小学校に上がると、とくに低学年の時、下校後の居場所はどうしたら良いのですか?

こうした声をよく耳にします。

仕事と子育ての両立ができると考えていたけれども、現実に直面すると、頭を抱え込む若い家庭が多いのです。

私は、こうした悩みを持つ家庭の支援を進めるべきだと考えますが、何もかも保育園任せとかにして、親が子育ての主体になることを忘れたかのようなことはいかがなものかとも思うのです。このあたりのバランスを失いかけているような声をよく耳にします。

子育ては、親にとって、人生のなかでそれほど長い期間ではないように思います。この時期を楽しく過ごせるような環境にするべきです。また、親としての成長ができる時期となるようにしたいと考えています。169.png174.png

                                     太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-20 20:54 | 正孝の活動 | Comments(0)

そろそろ全国学力テストの結果が発表されるけれども。

c0326333_20521777.jpg





 そろそろ全国学力テストの結果が発表される頃となった。今年からは、県別だけでなく、政令市の成績も発表されると聞く。こうした新しい動きがありはするものの、岡山県は全国順位10位を目指すことは変えていない。そもそも、前の知事の時から、10位という目標を掲げていたのだから、そのまま10位という目標にしたというのが、私が知っているところだ。

 この件に関しては、様々な意見があるだろうけれども、学力を高めていこうということについては、私は賛成である。

 それでは、どのようにしたら、学力があがるのだろうかという話にすぐなってしまう。焦る気持ちもあるけれども、慌ててみても効果をみることはない。

 どのような子どもたちの学力が高いのかをみた方が良いと思うのだ。こういうと、親の所得が高い人だという声が聞こえてきそうだ。そうした週刊誌的な分析よりも、もっと子どもたちについて考えてみるべきだというのが私の意見だ。

 私が県教委、先生や保護者の方々等とお話をしていて、

聞くことが上手

  自己コントロールができる

 諦めない

  注意深い

等が必要な要素ではなかということに、思い当たる。

 決してこれが全てというつもりもないが、こういう力を養うと、経験上、身に付きやすいのではないかと思う。

 ついては、どうしたら、こうした力は養われるのだろうか。限られたスペースでは、このことは書き尽くせないが、こういうものを身に付けさせようという、学校と保護者の共通理解が必要なのではなかろうか。

 今、その共通理解が上手く構築されていないと考える。まず、共通理解構築だし、あわせて、信頼の再構築も必要ではなかろうか。

 この課題克服に向けて、一歩でも前進させたい。169.png

                                   太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-16 20:51 | 正孝の活動 | Comments(0)

おかやま森の整備公社の多額の借金について、まだ単コロをしている。

c0326333_23384061.jpg

 以前に、おかやま森の整備公社の多額の借金を返済するに当たり単コロが行われていることを報告したが、先日、岡山県議会総務委員会で、平成28年度の決算報告にあたり、この単コロに関するものもあった。それは、この年度に、単コロのなかの150億円を別に返済したので、収支で300億円の影響があったというものであった。そして、この会計も、将来負担率の計算に入ることになったことの報告もあった。

 分かり難い文章を書いてしまったが、要するに、おかやま森の整備公社の多額の借金をいっぺんに返すことができる財政状況でないので、今も単コロをしているが、平成28年度は、少し余裕があったので、150億円返済をしたということ。ただ、まだ多額の借金が残っている。県の財政はまだまだ厳しいということである。170.png

                                     太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-12 23:39 | 正孝の活動 | Comments(0)