ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

足守地区をウォーキング。



c0326333_00053465.jpg



昨日は晴天のもと足守地区で開催されたウォーキングのイベントに参加した。
前回は7キロコースに参加したが、
今回は次の日のことも考えて3キロコースにした。
この3キロコースがとても勉強になった。
このコースの基本を成すのが吉備高原自転車道であったからだ。
看板を見ると、以前に県が整備した自転車道である。
路面が少々荒れていて、
最近はメンテナンスが余りされていないことを感じた。
当然ウォーキング中に一台の自転車ともすれ違わなかった。
河川の堤防の手入れ具合は別として、他の風景は抜群に良く、
道幅はそれほど狭くなくて走りやすいコースと思われるし、
岡山県からも推奨ルートになっているところであるから、
これは何とかするべきである。
行政の掛け声だけで終わらなせないように、工夫を求めていきたい。
自転車で走ってもらえば、良さが絶対にわかるところであると思う。

                      太田 正孝


c0326333_00055073.jpg


by masataka2014 | 2016-03-28 00:20 | 正孝の活動 | Comments(0)

県教委・県立学校の人事異動

c0326333_22165213.jpg




今朝の地元紙に県教委・県立学校の人事異動が掲載されていた。
昨年の夏から今年のはじめにかけて不祥事が連続しているので、
人事異動にも大きな変化があったのだろうかという目で見た。

いろいろな見方があろうが、
教育現場の立て直しを早急に行って、
県民の信頼回復に努めなければならい。
立て直しは、本当に待ったなしだ。

              太田 正孝

by masataka2014 | 2016-03-26 22:22 | 正孝の活動 | Comments(0)

持続可能な日本社会にするために。

知人の社会福祉法人の20周年記念式典に出席させていただきました。

20年前というのは高齢者福祉の分野での制度・仕組みが変わった頃ですが、

この法人は国の制度・仕組みが変わる一歩前を歩んでいたように思います。

そのおかげで、地域で特別養護老人ホームに入れずに長く待機していた方々が早く入居できたのです。


ところで、日本の高齢化率がどう変わってきたのでしょうか。

昭和45年以降急速に高齢化が進行しています。


昭和45年の高齢化率 7.1%で、平成6年には14.1%、さらに平成20年には22.1%になっています。


30数年で高齢化率は3倍になっていて、今も上昇しています。こうした国は外国にはありません。


こうした状況に対応するためにのように、介護保険制度が平成12年に生まれました。

この介護保険も介護保険料が三年ごとに見直され、保険料が上昇し続けています。

負担とサービスの関係になりますが、高齢化率の上昇がこれからも続くと予測されるなか

どこまでも負担できるわけがありません。

この点が大きな課題です。

日本社会は大きな曲がり角にあります。


遅まきながら、ここにきて少子化対策の議論が深まり始まました。

バランスとのとれた世代構成になるように社会としての取組が必要です。

社会の取組とは結局は一人ひとりの意識改革があって始まるものです。

時間との闘いにもなりますが、根気強く立ち向かっていきます。


                      太田 正孝




by masataka2014 | 2016-03-26 09:44 | 正孝の活動 | Comments(0)

厳しい医師への道。



知人が卒業した医学部の医師国家試験の合格率が94.23%であったそうだ。
医学部に合格すれば、医師に全員なれるようなイメージもあるが、現実は厳しい。
患者の立場からすると、厳しいというのは当然でそうあってもらわなければ困ると思うし、
もしも簡単に医師免許がもらえるようであれば、不安を覚える。
知識、技術だけでなく、人間性も含めて、問題のない人に資格を出して欲しいと願うのである。

ところで、この医師への道の最初の関門は、「医学部に合格すれば」と述べたが、
この合格すればがとても難しい。

今春も大学入試があったが、データを見ると、とても水準が高い。
また狭き門である。
最難関の一つであるここをくぐるために浪人をする人も多い。
人間的に相当鍛えられていなければ、ここを通過していけないように思う。
医師に求められるものが高いのは当然であり、
一度志を掲げたのならば、
その志を成し遂げるまで頑張りぬかれることを祈る。
頑張りぬくことが、医師への第一歩と感じる。

                       太田 正孝






by masataka2014 | 2016-03-21 08:54 | 正孝の活動 | Comments(0)

医師国家試験合格の医大生と同じテーブルになって。

最近医学部受験の話をよく耳にする。
これはたまたま多く聞くだけのように思うのだが、
先行きが見えにくい世の中で手に職をつけておきたいとの意識からかもしれない。
そう思っていたところ、医師中心の会合に出席したら、
現職医師から大変な仕事ですけれども、周りから見ると違うのでしょうかとの一言を聞かせてもらった。
昨日医師国家試験に合格したという医大生も
最初の二年がとにかく大事との先輩医師からの言葉を神妙に聞き入っていた。
どの仕事も当事者と周りの人の評価は違うのかもしれない。

今日、医師の話をたくさん聞いていて、
腕が良くなければならないのは当たり前だが、
本当に神経と体力を使う仕事であると痛感した。
合格した医大生の活躍を心から祈りたい。

                     太田 正孝

by masataka2014 | 2016-03-20 00:21 | 正孝の活動 | Comments(0)

卒業シーズンのなかで。

c0326333_07313507.jpg


一雨ごとに春が近づいているように感じます。
この時期は卒業式への出席が多くなるところですが、
二月定例県議会の開催日との関係で、
いつも出席させてい頂いている学校に行けなくて残念な思いもしています。
みんな、立派になっているのだろうと想像していたりします。
そうしたなか、先日、地元の卒業式に出席しました。
子どもたちが卒業証書を受け取る凛々しい姿を見ると、
目頭が熱くなってきました。
そして、最後の卒業生の合唱では出席者の涙腺はもう止めることができなくなっていました。
子どもたちには夢を持って、その夢を膨らませて、努力を続けて欲しいと願います。

                         太田 正孝

by masataka2014 | 2016-03-19 07:43 | 正孝の活動 | Comments(0)

総合流通業務団地の機能維持について。

c0326333_22535412.jpg

私は今回の一般質問で
岡山市北区大内田・早島町にある総合流通業務団地を取り上げた。
最近この団地並びに周辺を通る車両が増加している。
物流の拠点としての機能維持をしなければ、
競争力を失うのではないかとの思いから、
質問を行ったのだ。

土木部長からの回答は、
都計道路早島大砂線は二車線区間の四車線化への整備が行っている。
また、都計道路箕島矢部線は暫定二車線区間の四車線化に向けて
設置後長期経過している橋梁下部工の調査など事業化に向けて
検討をはじめたいとというものだった。

一歩は前進したと受け止めたい。
事業化のスピードが上がるように、これからも後押しをしていきたい。

                       太田 正孝


by masataka2014 | 2016-03-10 23:39 | 正孝の活動 | Comments(0)

今日、確定申告を行いました。

毎年、岡山駅西口のコンベンションセンターで確定申告を行っていますが、
今年はインターネットで済ませて、提出書類だけをコンベンションセンターに持っていきました。
受付に着くと、書類のチェック。漏れがなければ、それでオッケー。
正味時間1分。
インターネット申告は本当に便利であると実感しました。
皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

by masataka2014 | 2016-03-09 22:02 | 正孝の活動 | Comments(0)

吉備路自転車道を楽しいルートに。

c0326333_10304495.jpg





昨日の一般質問のやりとりの続報です。
本日は吉備路自転車道について質問したことを報告します。
吉備路自転車道は初心者、ファミリー向きのサイクリングコースと
位置付けられています。
私の知人がこのコースを走ったら、
ルートが分かり難かったとの感想を言っていました。
そこで、私は知人の感想を基に、吉備路自転車道が人に愛される観光ルートになって欲しいとの願いを込めて質問をしました。
土木部長に思いが通じたのか、
吉備路の名所旧跡にも立ち寄るルートを検討したい旨の回答がありました。
ルートが良くなり、来訪者が増えれば、本当にうれしい限りです。
皆さん、吉備路にぜひ来てください。
お待ちしています。

                             太田 正孝

by masataka2014 | 2016-03-09 21:47 | 正孝の活動 | Comments(0)

私の一般質問の傍聴にお越し下さり、ありがとうございました。


c0326333_22531909.jpg





本日は岡山県議会一般質問四番目の質問者として登壇した。
多数の方に傍聴にお越しくださり、とても感激しました。
ありがとうございました。
なかには間に合わない方もおられ、大変申し訳ありませんでした。

さて、今回の質問項目は

①教育の信頼回復について

②岡山県南広域都市計画について

③吉備路自転車道について

の三点。

今日は②の中の地域拠点都市の質問について話をしたい。

地域拠点都市とは、市町域程度の圏域を持ち、行政機能などが一定以上集積している市街地である地域を示す。
玉野、総社、赤磐、早島が地域拠点都市になる。

政令市移行に伴い、西大寺地区、岡南地区に区役所ができたので、西大寺、岡南も地域拠点都市にするべきと訴えた。

県当局の回答は岡山市から申し出があれば、検討するというものだった。

私の解釈は、西大寺、岡南の両地区とも岡山市から申請があれば認めるというものだ。
私は岡山市から申請をして欲しいと願うと同時に、
行政同士であってもこういう関係なのだということを感じた。

                              太田 正孝






by masataka2014 | 2016-03-08 23:09 | 正孝の活動 | Comments(0)