ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

これからの勝負を前にして。

今朝は友人の後援会事務所開きに参加した。
秋には三期目に向けての戦いが始まる。
友人には是非とも勝利をつかんでもらい、
住民の方々が願うまちづくりを行ってもらいたいと切に望む。

ところで、我が家に来春大学受験に挑戦する子がいる。
これまでの夏休みと違って、家にいてかなりの時間勉強をしている。
そして今日は模試を受けに行っている。
これまでどれだけコツコツとしてきたかということが問われる訳であるが、
最後の半年どれだけ頑張ることができるのかも大切である。
当人にとってみれば、これまでで一番大変なことであろうが、
自分がどこまでできるのか自分の壁を是非破って欲しいと願う。

今年はとくに暑い夏であるが、我が家ではアツい日々が春まで続きそうである。
これは受験生を持つ家庭はどこも同じなのであろう。

            太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-30 17:37 | 正孝の活動 | Comments(0)

昨日は教育再生・子ども応援特別委員会でした。

昨日は教育再生・子ども応援特別委員会開催の日であった。
委員長として、冒頭に連続する不祥事にふれ、遺憾の思いを執行部に伝えた。
教育長からはお詫びの言葉と再発防止への思いの表明があった。
その後は予定通りの議事に入り、
中学生の非行が大幅に減少しているような報告もあった。
昨日の委員会でも多くの現場では頑張ってくださっていることが分かったが、
教育長から報告された一部に他人事のことと受け止めていているような現実については
すぐになくしてもらたい。
そして全員が子どもたちのことを一番に現場に立って頂きたいと切に望む。
委員会としても教育行政の信頼回復に向けてその役割を果たしてゆきます。

               太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-29 08:53 | 正孝の活動 | Comments(0)

全国学力テストの問題に触れて。

今の全国学力テストの問題は考えさせられる問題が多いと聞くのですが、
実際に試しにしてみると、
私が小中学生時代に受けた問題とは全然違います。
今年の中三の数学の問題をみると、
Y=6/x
をグラフとして正しいものはどれかと選ぶものがありました。
この問題に対して迷った生徒が多いと聞きます。
x軸、y軸に対してどうなるのか、
ポイントを掴まずに、曖昧な理解をしているようです。

こうした問題について授業だけでなく、
自分でキチンと解いて、正確に理解したかどうかが大きいのではないかと思うのです。
こうしたことを聞いてみても、
家庭での学習時間が少ないことが窺えます。

大人になると、自分で課題設定をして、自分で解決策を見出すことになります。
教えてもらうだけでなく、学年が上がれば徐々に自分で勉強をすることを覚えなければ、
苦労を背負うのは自分です。
学生の頃からそうした習慣を身につけるような取り組みも考えなくてはならないと、
今回の全国学力テストで思わさせられました。
是非とも今回のテスト結果を今後に活かしていきたいと思います。

               太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-26 21:15 | 正孝の活動 | Comments(0)

2015年度全国学力テストの結果が発表された。


昨日2015年度の全国学力テストの結果が発表された。
岡山県の結果は前年度よりも若干順位が上がったものの、
県の目標からすると厳しいものだった。042.gif
これは結果であるから、この結果は素直に受け止めるべきで、
大事なのはこの結果を受けてどう行動を起すかである。
国語、算数(数学)ともに基礎的な学力は全国との差が縮まりつつあるが、
応用力の面でまだ差がある。
いまやっている方向性については間違いがないと考えられるが、
家庭学習時間が30分未満の中学生が二割弱(この数字は全国よりもずっと高い)もあり、
このあたりに課題があることが浮き彫りになっている。
トータルの勉強時間をどう確保するのかが如何に大きな課題であるかは容易に想像がつくが、
どう確保するかとなると、
いくら学校での勉強時間を確保しても
家庭でどれくらい確保できるのかとなると
これは家庭と一体になって取り組む課題となってくる。

実は子どもの非行の問題においても家庭が家庭の役割を果たせるかどうかにかかってくると考える。
ついては、いまの子どもたちの様子は今の社会を反映しての結果と考える方が良いのではないだろうか。
私たち大人がこの状況をどう変えることができるのか、私たちが正念場に立っていることを深く認識して、
はじめて変えて行くことができると思う。
私たちがまず変わらなければならない。030.gif

            太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-26 07:43 | 正孝の活動 | Comments(0)

ある先生のお話を聞いて。

教職にある方の話を聞かせていただいて考えさせられました。
その方が若い頃の二、三のエピソードを紹介してくれたのですが、
どのエピソードもその方の先生としての人生を変えた話です。
スペースの関係で簡潔にお伝えできたならばと思います。
その方が何故変わったかというと、
どの事例も子どもの素直な気持ちに接したことによってです。

赴任したばかりの少し田舎が残っている学校での出来事です。
やんちゃな男子が弱っていた小動物を廊下で抱えている姿を見て、
頭ごなしに「山か川に返しなさい」と叱ったそうです。
実は彼はただ見つけたから持って入って来た訳ではありませんでした。
妹を早くに亡くした彼は小動物を安らかにあの世にいけるように彼なりの作法で見送ろうとしていたのです。
この方が立派なところは叱りっぱなしではなかったのです。
直ぐにその子の思いに寄り添うことができて、
その子と共感できるようになったことです。

実はこの彼が陰湿ないじめを受けていたクラスメートを守る役になっていくという話につながります。
彼のクラスではいくらいじめられてもいじめを申告しない女子がいました。
一年生も終わろうとした三学期のある日、
いじめを無くそうといじめにについてクラスで話し合いの場を持ったのですが、
誰も何も話しません。
一時間が経とうとした頃、いじめられていた彼女に「何故怒らないのか?」と問いかけると、
彼女はポツリと呟いたのです。
「怒り方が分かりません」
その方はそこでまた気づかされたと言われていました。

この後のことです。
このいじめの話し合いの時間以後、卒業までこのクラスで彼女がいじめられることはありませんでした。
あのやんちゃな彼が彼女を守ったのです。
彼女に無理矢理にやられたらやり返せということを教えようとしていたけれども、
そのことを恥じておられました。
誰か守ってくれる人をつくることができれば、
事態は変わるのです。

方法は一つではありません。
ケースバイケースです。
どうすれば平和に過ごすことが出来るのか、
カタチばかりを押し付けても反発を受ける時もあります。
どうするべきかの選択肢をいっぱい持っていることが幸せになるポイントの一つではないでしょうか。
子どもたちの素直さを伸ばすことができる先生が増えることを切に願います。

                     太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-25 09:35 | 正孝の活動 | Comments(2)

不祥事が続き、悔しいです。

岡山県教委、岡山市教委で不祥事が続いていましたが、
残念ながらまた不祥事がありました。
二度と再発させまいと確認をしたばかりなのに、
どうしてこういうことが続くのか、
残念でたまりません。
そして何よりもこうした不祥事によって
いくら多くの先生が頑張っていても
みんなの信頼を大きく失わせてしまっているのです。
信頼回復は並大抵のことではできませんが、
やらなければなりません。

私自身、
不祥事が起こると校長会を開催して、
現場まで教育委員会の考え方を伝えるというやり方だけでは
解決しない根深い現実があると感じています。
これを変えていくには、相当の力が必要です。
変えられるまで粘り強く取り組んでいくことを誓います。

               太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-24 19:38 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県産農林水産物の販路拡大について。

c0326333_08004502.jpg

8月16日夜、アジアへの販路拡大をしてきた知事一行が帰国した。
そして、昨日は農林水産委員会で
これから国内で開かれる見本市に岡山でできたものを出展していきたい旨の提案がなされた。
これらの取り組みは、まず知ってもらおうという取り組みであると受け止める。
これに連動する取り組みがブランド化である。
知っていただくと、美味しいということに気づいてくれる。
品物も良いと理解してくれる。
贈答品として、高い評価もある。

課題は高級品として買って下さる層がどくれいあるのかということだ。
景気指標について厳しい数字も示されたが、
プレミアム付券が各自治体から出されている。
こうしたものが岡山産農林水産物の購入に繋がることを切に望む。

                    太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-20 08:15 | 農林水産業 | Comments(0)

沖縄県の独自学力調査について。

全国学力テストが始まって、
各県でその結果について様々な受け止め方をしているが、
ここのところ急激に成績が向上している沖縄県に注目をしてみた。

今回は県内での学力調査がどのように行われているのかついて報告をする。
岡山県においても対象学年を拡大しているのだが、
沖縄県は小学3年~6年、中学1年、2年で行われている。
対象科目の基本は国語、算数(数学)に置かれているように受け止めるが、
小学5年で理科、中学2年で理科、社会、英語も行われている。

実施時期であるが、小学校が2月、中学校が12月である。

テスト結果がであるが、問題の難易度が分からないので、コメントは差し控えたいが、
国語、算数(数学)の力がどのようについているのか、という傾向は読み取れるように思う。

この二科目の力をまずつけることが、何をするにしても基本であるはずだ。
こうした取り組みは大いに参考にすべきではないだろうか。

             太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-19 21:22 | 正孝の活動 | Comments(0)

昨日は岡山県議会土木委員会の県内視察に同行。

c0326333_09023910.jpg


昨日は岡山県議会土木委員会の備前県民局管内の視察日でした。
私は地元の足守川の改修現場に立ち会わさせてもらいました。
入江橋から引船橋の区間が順調に整備されている説明を聞き、安心したところです。
しかし、この区間だけでなく、心配な所がまだあります。
昨日も急に豪雨があり、今までよりも激しい雨が降ることも懸念されます。
流域の方々が安全に暮らせるように、
これからも県議会から要望をし続けて行きます。

             太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-18 09:13 | 正孝の活動 | Comments(0)

日本選手の活躍を見て。

c0326333_08451341.jpg
今回のお盆はテレビでスポーツ観戦を楽しんだ。
たまたま運が良かったのだが、マリナーズの岩隈投手のノーヒットノーランの試合を中盤以降見ることができた。
そしてこれも野球であるが、イチロー選手は日米合わせてのヒット数があのタイ・カップ選手を越えた。
また、昨日もだが、ここのところの錦織圭選手のテニスの試合は見ていて面白い。
日本人がスポーツで世界で活躍するなどとは私が学生時代には思ってもいなかったことであるが、
今はそれが変わってきているのだ。

どこが違ってきてるのだろうか。
体力的なことについては、近頃は様々なトレーニングでバランスの良い身体づくりがされているように感じる。
それ以上の違いはメンタル面と頭脳面ではなかろうか。
メンタル面だが、
目標を達成しようとする強い意志と高い自己管理能力を持っているということが共通しているように思う。
もう一つの頭脳面だが、
勝つためには力だけでなく、作戦の大切さをよく知っている。
相手の力と自分の力を考えて、どう戦うのか考えて、プレーがされている。これは昔から言われてきたことだが、実践できる力を身につけていることがテレビからもよく伝わってくる。

いま日本人の力が高くなってきていて、とても誇りに思う。
若い人にはこうした活躍する姿を見てもっと夢を持って挑戦をしてくれたらと願う。
同時に、私としては若い人が挑戦できる環境づくりに取り組み続けたい。
私も頑張ります。

            太田 正孝


by masataka2014 | 2015-08-16 08:54 | 正孝の活動 | Comments(0)