ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

吉備中央町の高校の学区の見直しについて動きがありました。

c0326333_20253370.jpg

本日傍聴にお越しくださいました方々、
ケーブルテレビを観てくださった方々、
どうも有難うございました。
心から感謝申し上げます。040.gif

県政が動いたことの一つをご報告します。
教育関係です。
吉備中央町の中学三年生は同じ中学校に通っていながら、
居住している住所地によって選択できる高校が違うという問題を抱えています。
この問題を解決したいとの思いから、
県議会本会場で可能な限り取り上げているところですが、
本日の一般質問で再度取り上げました。

竹井教育長の答弁は
先般立ち上げられた岡山県高等学校教育研究協議会に
協議をしてもらうように諮問をしたということでした。
これからいよいよ協議になる訳です。
良い答えが出されることを願ってやみません。

           太田 正孝




by masataka2014 | 2015-06-30 20:37 | 農林水産業 | Comments(0)

今日は登壇です(一般質問最終日)。

c0326333_22401754.jpg


昨日も色々ありました。
ある件で友人が連絡して下さり、私の間違いをフォローしてくれました。
一人で生きているんではない、皆が支えてくれて、
成り立っているのことを実感をした日でもありました。

さて、今よく考えていることは自分の使命についてです。
「天命」、「宿命」、「運命」、「使命」ということについて
「天命を知り、運命に挑み、使命に燃ゆ」という話を聞いたことがあります。
私はまず自分の使命を見つけることがとても大切だと思うのです。
その上で、その使命に対して、諦めずに最後までやり通せるのかが大事ではないでしょうか。
投げ出すということは使命を身体全体で分かっていないことだとも思うのです。

ところで、過日の話ですが、ダンスに打ち込む女性の話をテレビで見ました。
彼女はダンスは脇役ではなく、ダンス自体でしっかり伝えることができる表現方法だと説きます。
ダンスの素晴らしさを伝えたいと世界中に出かけます。
彼女を見ていると、ダンス教の布教して歩いているようにも見えます。
彼女はそれを自分の使命と見い出しているようでした。
ダンスついては妥協をしません。
ダンスについて一日24時間、一年365日ずっと考え続け、動き続けることが出来る人です。

今年私は51歳になります。
命という字を使う言葉の重みを今の年齢になって分かるようになりつつあります。

今日6月30日の岡山県議会一般質問は、自分の使命を少しでも果たせるように頑張り抜きたいとの思いです。
開始時間は午前10時です。
皆様のお越しをお待ちしています。

           太田 正孝




by masataka2014 | 2015-06-30 00:14 | 正孝の活動 | Comments(0)

涓滴岩を穿つ。

c0326333_22423457.jpg


涓滴岩を穿つ。
この意味は、努力を続ければ、困難を乗り越えることができるということだそうだ。
この言葉を空手家の方が引用された。
空手にも通ずることだというのだ。

トップがこのような思いを持って打ち込んでいる姿を部下が見たならば、
その組織は大きく変わると思う。

私自身、初心を忘れずにコツコツ頑張り抜きたいと思う。

今日はとても良い言葉を聞かせて頂きました。感謝です。040.gif

             太田 正孝


by masataka2014 | 2015-06-27 22:49 | 正孝の活動 | Comments(0)

古代吉備の国の時代のものにふれて。

c0326333_10535838.jpg


RSKバラ園近くの倉敷市庄新町にある王墓の丘史跡公園の中に
弥生時代後期の中で日本最大級の墳丘墓楯築遺跡があります。
古墳時代より前に築造されていたとのことで、
この地に大きな政治勢力があったと推測できます。

この地から直ぐ南の山陽新幹線沿い東西500m、南北1.5㎞に亘って、
弥生時代後期の大集落があったことが、
岡山県古代吉備文化財センターの発掘調査で分かっています。
この遺跡は上東遺跡と名付けられ、
ここから弥生時代の土器や木製品が千点以上出土し、
中には人の顔など四種類もの線刻絵画が描かれた弥生時代後期の絵画文土器も入っています。

また、この楯築遺跡から2㎞ぐらい北西の岡山市北区新庄に
古墳時代中期の造山古墳(360メートル)、
更に2㎞西の総社市三須に
同時期の作山古墳(286メートル)の前方後円墳があり、
弥生時代後期から古墳時代に
この一帯が栄えていたことを知ることができます。

この辺りを歩くと、
いかに古く(少なくとも2~3世紀以降)から
この地が発展をしていたのか分かります。
そういうことを余り勉強してこなかった自分を恥ずかしく思います。

地域の子どもたちが自分たちの地域の歴史の長さを知ったならば、
子どもたちの価値観も変わるのではないかと思います。
身近にあるようでそう感じられない現状について
少しでも見直しを進めたいと思います。

このことについて6月30日の岡山県議会一般質問でふれたいと思います。

              太田 正孝


by masataka2014 | 2015-06-27 11:12 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山県議会一般質問三日目終了。

c0326333_23193740.jpg


本日の岡山県議会一般質問も、
有害鳥獣対策、教育問題、若者の政治参加、育休の取得など様々な点が論議された。
そのなかの教育問題を聞きながら、感じたことを綴りたい。

教育のなかで大切なものは何かと尋ねられたら、何と答えるだろうか?
あなたならどう答えますか?
学力向上ですか?
礼儀作法ですか?
思いやりの心を育てることですか?
どれもですか?

お答えは各人それぞれだと思うが、
今日の議論の中で「自尊心を持つことが出来ない子どもたちがいる」との話があった。
平易に言えば、自分に自信を持つことができないということになるでしょうか。
自尊心を持てないが故にそのストレスを発散す子どもたちがいるし、
自分の殻に籠ろうとする子どもたちがいる。
どちらもクラスの友だちのなかに溶け込めないということになる。

自尊心とはどうすれば育まれるのだろうか。
悩んでいる最中にいる子どもたちには、
苦しさのあまりその苦しさの原因分析にまでたどり着く余裕はなかったと思われる。
育まれなかったのは大人の責任である。
育っていない子どもに出会ったら、
出会った人が手を差し伸べることが自然にできる世の中であれば良いのだ。
出会ったらと書いたが、
出会うとは相手がそういう子どもだと気づくことだ。
気づいて、そのままにしていたとしたら、その責任は重いのではないか。
そういう人が多い社会になると、
社会はフワフワとしていって、
何らかの力が働いた時に簡単にブチブチ切れて行く、
壊れやすいのではないか。

私は相手のことを想う熱い人間が増えることが一番だと思う。

今回の私の一般質問ではこのことは取り上げないが、
この問題についていつか取り上げたいと思う。

             太田 正孝




by masataka2014 | 2015-06-26 00:06 | 正孝の活動 | Comments(0)

今日は岡山県議会一般質問二日目(登壇は四人の予定)です。

c0326333_08332803.jpg


昨日は一般質問に入る前に自民党県議団総会が開催された。
いろいろ議題はあったのだが、来夏の参院選の対応についての協議があった。
これまでも候補については公募の方針が打ち出されていたが、
その方向で本格的に動き出すことになると受け止めた。
安全保障のこともあるし、地方経済の活性化もやり遂げなければならない。

さて、昨日の県議会一般質問であるが、
初当選の議員の登壇もあり、
県議会に新しい風が吹きはじめている。
昨日の議論で私が感じたことは、
まだまだ岡山県財政が厳しいということを認識しておくべきだということだ。
単県医療費の問題は私が岡山市議会議員をしていた時からの課題である。
他県と比較論も理解できるところだが、
他県と同じようなことができる財政状況に本県があるのかどうかということにまず目を向けなければならない。
この厳しい財政状況をどう上向きにしていくのか。
私は切り詰めるだけでは上向かないと言い続けてきた。
本県の成長戦略を作るべきとの主張をしている。

今日は二日目である。
今日の四人の議論を楽しみにしたい。

             太田 正孝




by masataka2014 | 2015-06-24 09:03 | 正孝の活動 | Comments(2)

明日から岡山県議会では一般質問が始まります。

c0326333_21024392.jpg

今日は日韓関係の改善の動き、国会の9月下旬までの会期延長など国政の大きな動きがあったが、
岡山県議会は今日まで休会だった。
明日から一般質問が始まる。
私は6月30日の一般質問の準備中です。
まだ最終原稿を提出するまでに時間があるのだが、
30分の持ち時間のなかで、
私の喋るスピードと再質問の時間を考えると、
経験上6000字前後が目安。
今日の時点で6千字を1割近くオーバーしている。

さて、質問の内容だ。
岡山県は中四国交通網の結束点にもなっているので、
その点については是非とも触れたいし、
その地の利を活かして如何に産業振興を行うのか、
私の聞きたいところだ。
今回は残念ながら、
新幹線をはじめとする鉄道網の結束点とうことについてはふれないが、
来年のデスティネーションキャンペーンやおかやまマラソン開催などのタイミングをとらえて
どのように岡山を売り出そうとしているのかも聞きだしたいところだ。
これから何度も読み返してみて、
より良いものにしていきたい。
これから時間との戦いになるが、
より良い質問になるように頑張ります。066.gif

これから一般質問の件について動きがあれば、報告していきます。

                 太田 正孝



by masataka2014 | 2015-06-22 21:31 | 正孝の活動 | Comments(0)

鉄穴流しという技術によって。

c0326333_19123715.jpg



鉄穴流し。読み方は「かんなながし」。
近世のたたら製鉄では、鉄穴流しという手法で砂鉄を採取していたそうで
中国地方で盛んであったということだ。
この方法では山を崩した土から砂鉄を採取するのだが、
土の中には砂鉄はわずかしかない。
ほとんどの土砂は川から流されたのだ。

もちろんこの鉄穴流しは岡山でも盛んであって、
そのため沖積平野は拡大し、天井川化したというのだ。
岡山平野が広がった要因の一つなのだ。
(現在は法律によって鉄穴流しは禁止されている。)
そうした目で岡山平野を見たことがあっただろうか。

私は刀剣・農業用道具の発展並びに干拓の歴史の原点はここにあるように思うのだ。
先人は技術開発によってこの地を繁栄させていた。
その恩恵を受けている私たちに今できることは何か。
産業振興を打ち出す岡山県が興すべきことは何か。
県民の英知を結集して新しい歴史を創る一歩を踏み出そうではないか。

                 太田 正孝


by masataka2014 | 2015-06-20 11:03 | 正孝の活動 | Comments(0)

太田まさたか一般質問のご案内。

c0326333_21340909.jpg


本日、岡山県議会一般質問の日程が発表された。
私は一般質問最終日の6月30日(火)の一番バッターとなった。
開始時間は午前10時からである。
もう既に原稿を練っているが、
水害対策、空港南産業団地整備(馬屋上)、吉備路の整備等を質問してして行きたいと考えている。
皆様ご都合がよろしければ岡山県議会(岡山県庁南隣)まで傍聴にお越しくださいませ。
お待ちしています。078.gif

                 太田 正孝


by masataka2014 | 2015-06-18 21:34 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山市の中心市街地の活性化に対する若者の意見を聞いて。

c0326333_19395025.jpg

昨日18歳からの参政権を認める法案が成立した。
主権者教育を如何にするかが大きな課題であるとの意見も新聞にも出ていたが、
これは急がなければならないことだ。

ところで、今日岡山市中心市街地の活性化策に対する若者の意見を知る機会を得た。
できるだけお金をかけずに活性化をしようとしているが、
それは矛盾する話ではないかというのだ。
人を呼び込もうとするならば、投資が必要であり、
その投資によってどれくらいの効果が見込めるのかどうか想定をして
実行に移すべきではないかというのである。
私がこのようなことを考えるようになったのは二十代後半である。042.gif

私は若い人が自分たちの街のことを考えてくれることを歓迎するし、
18歳の若者もしっかり考えて発言をして欲しい。
そのことで私たち世代も大きな刺激をもらうだろうし、
もっと責任感も生まれるであろう。
何よりもそのことで若者がもっと主体的にまちづくりに参画してくれることに期待する。

これから岡山の可能性の扉が開かれるかもしれない。
そうなるような環境づくりに力を傾注していきたい。079.gif

               太田 正孝




by masataka2014 | 2015-06-18 20:35 | 正孝の活動 | Comments(0)