ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「あまおう」を開発した福岡県の農業試験場を訪ねて。

c0326333_21235795.jpg

県によって力を入れている農産物が違う。
岡山県はピオーネだったり白桃だったりする。
今回訪ねた福岡県ではイチゴである。

c0326333_21232879.jpg


どうすれば紅くなるのか。どうすれば形が良くなるのか。
それらの課題を克服してできたのが「あまおう」という品種のイチゴである。
そして寒さにも負けず大きく育てるために工夫も重ねている。
その一つが苗の茎を温めて発育を促す技術だ。
それも安価で出来るように改良も加えられている。
イチゴ農家を支える技術を進化させ続ける研究者がいるからこそ
おいしい「あまおう」が作り続けられているのだ。


c0326333_21241498.jpg
今回あらためて農業試験場の大切さを感じた。

        太田 正孝

by masataka2014 | 2014-07-31 21:45 | 正孝の活動 | Comments(0)

瀬戸内の漁港を訪ねてみて。

静岡県磐田市に住んでいた頃、
オートバイツーリングでよく漁港に立ち寄った。
清水や沼津だ。
そこでいつも美味しい食事にありつけることができる。
岡山にもおいしいところがあるが、静岡ほどのイメージがない。
それは漁獲量などの規模のこともあるのではなかろうか?


c0326333_21405660.jpg

そう思っていたところ、
小さいな漁港を訪ねた。
海は穏やかで、近くには瀬戸内の島々が見える。
いろんな魚も獲れる。
鯛や鮃は最高においしい。
味はどこにも負けていない。068.gif



c0326333_21571411.jpg


今度アンテナショップが東京新橋に開店するが、
今度こそこの美味しさを全国に発信したいものだ。

               太田 正孝

by masataka2014 | 2014-07-27 21:58 | 正孝の活動 | Comments(0)

地引網漁を初体験(牛窓)

c0326333_09351938.jpg


浜辺で地引網をしたことがあるが、
船での地引網漁を
昨日初体験させてもらった。

c0326333_09344380.jpg


地引網をするには船に色々な仕掛けがある。
電動の網の巻き上げ機に巻かれている網をゆるめて海に放てば良いものではない。
少し緩めてから、棹で網を広げて魚がかかりやすくする。
そして続けて網を海に解き放していく。
何十メートル否百メートルを超えていただろうか、網は相当に長いもののように感じた。
巻きつけられていた網が全て海に投入されたら
しばらく船を走らせる。
網の抵抗で明らかに速度が落ちている。
エンジン音が大きくなるが、スピードは一向に上がらない。

c0326333_08570025.jpg

c0326333_08550632.jpg
c0326333_08560531.jpg


c0326333_08575221.jpg

c0326333_08554068.jpg


一定の時間走ったのち網を上げる。
船尾にローラーを付けて
網が絡まないようにして手際よく巻き上げていく。
ロープから網にかわり、
それから付けていた棹を外し、
さらに巻き上げる。
子魚が網の穴から飛び出して甲板で飛び跳ねる。
全部引き上げると、網を開ける。
春にも乗った友人が「春よりもすくないなぁ~」と一言。
それでもたくさんの魚だ。
鯛、鮃、鱧、など。それにタコ、カニ、それからエイ。
エイは触ると危ないらしい。
少し黄色になっていて怖いと聞くと
強い魚のように見えるから不思議である。
獲れた魚を水槽に入れると、
ヒトデや食べれないモノは海に帰す。
そして網を水で洗って巻き戻す。
これで終わりだ。

c0326333_08583084.jpg


味はどうだったか?!
獲れたてはやっぱり最高だ068.gif


c0326333_08580466.jpg


以上私の人生の初の自地引網漁であった。

         太田 正孝

by masataka2014 | 2014-07-27 09:39 | 正孝の活動 | Comments(0)

吉野作造と吉野信次。

今日吉野作造と吉野信次を題材にした芝居を観た。
残念ながら、仕事の都合で第一幕しか観ることが出来なかった。
政治的に二人は違う立場であることがよく分かった。
それをコミカルに分かりやすく伝えてくれる。
脚本がすばらしく感じた。

感想をいきなり書いてしまったが、
吉野作造は東京帝国大学教授で民本主義を説き、大正デモクラシーの中心的な人である。
一方、吉野信次は吉野作造の弟で農商務省に入賞し、自民党参議院議員会長も務めた保守政治家である。
二人とも日本の政治史に大きな影響を与えた人物である。

色々な評価があるのだろうが、
芝居を観ていて二人が日本の政治の流れの大きな潮流を作ったことは間違いない。


c0326333_21441867.jpg


この芝居でエピソードとしてある事件を取り上げていた。
ある女性が盗みをしたけれども直ぐに盗んだものを返したことに対する二人の態度だ。
弟は法を破ったのだから、返したといっても、法の裁きを受けるべきだ。そうしなければ国が作った法の網に穴を開けることになり、国が崩壊するというのである。
一方、兄は全く異なる立場をとる。紙面の関係で関係で簡潔に書くが、元に戻り、被害が出ず、そして何よりも反省もしているのだから赦せば良いという立場をとる。

この問題は突き詰めていくと、国家とは何かということになる。
同じ民族ということであろうか?
隣国にそうでない国がある。
多民族で国家を作っていることもある。

同じ言語を話すことであろうか?
英語を母国語にしていても同じ国でないケースがある。
イギリス、オーストラリア、ニュージーランドは違う国である。

芝居では
法を作って幸せを追及する者たちの集まりが国家である
という場面がある。

c0326333_21273717.jpg

私たちは自分たちで法を作っているという意識があるだろうか?
ここの意識が大切なのではなかろうか?
この意識の欠如こそ、私たちが住む国の行く末を不安にさせていると感じる。

いま県議会議員をさせて頂いて、とても大切な役をさせて頂いていると感じる。
政治は変わらないものではなく、政治が社会を変える力を持っている。
政治は明日を明るくする灯りの役がある。
時代や環境の変化に応じて、より良い社会に変革をさせるべく自分の役割を全うしたい。

       太田 正孝






by masataka2014 | 2014-07-24 22:15 | 正孝の活動 | Comments(0)

日限地蔵縁日に久し振りにおまいりに行きました。

c0326333_07035163.jpg

毎月23日大雲寺交差点を少し北東に入ったところで日限の縁日が行われている。
昨夜友人に誘われて久し振りに出かけた。
歩道が美装化されていて、
モダンな感じになっているたが
露店が出ていて、そこに子どもが並んでいる光景は昔のままだ。

夏休みに母に連れられて表町の伯母さんの家に行ったときに日限の縁日にも行ったものだ。

昨夜も一緒に行った友人たちとお祈りをした。
家族の幸せ、地域の安全を願うばかりだ。


c0326333_07042082.jpg




c0326333_07043171.jpg

そして良いニュースが増える岡山県にしたいものだ。


     太田 正孝

by masataka2014 | 2014-07-24 07:20 | 正孝の活動 | Comments(0)

大安寺高校の夏の甲子園の挑戦は終わりました。

c0326333_20425134.jpg
c0326333_21482595.jpg
c0326333_21473012.jpg
残念ながら、今日の夏の甲子園岡山地方予選「大安寺―城東」戦の応援に行けなかった。
今日勝てば、奇跡が起こるかもしれないと思っていた矢先、
勝負の難しさを教えられた。
今日は0―8であった。

c0326333_21474694.jpg

しかし、大安寺高校最後の年に頑張ったことは皆の記憶に残ることだろう。
私は大安寺の開拓魂はこれからも継承されると信じる。

       太田 正孝



by masataka2014 | 2014-07-22 20:51 | 正孝の活動 | Comments(0)

「産んでくれてありがとう」

c0326333_21270644.jpg



今日は知人に誘われてプロボクシング初観戦。
会場内の高まる緊張感に圧倒されそうなか、
OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦のゴング。




c0326333_21273505.jpg


セミファイナルや四回戦の試合とは全く違うフットワークとパンチの速さ。
世界を狙う男たちの力に魅了される。
徐々に岡山市北区出身のチャンピオン和氣慎吾選手のペースに。
そしていよいよ9ラウンド。
ここでチャンピオンのパンチが炸裂。
挑戦者はリング外に放り出された。
これで終わると思ったが、ここでゴング。
もう10ランウンドで勝負だと会場にいるもののほとんどの思いが乗り移ったように
10ラウンド開始のゴングが鳴るとチャンピオンが猛然とラッシュ。
挑戦者は立ってられないほど足にきている。
もう倒れると思った瞬間、
レフリーが試合を止めた。
0回TKO勝ち。
最後に大きな見せ場を作って、地元の観客を喜ばせた。
チャンピオンの素晴らしい試合であったが、
試合後の言葉がもっと素晴らしかった。
チャンピオンは
「今日は誕生日です。産んでくれた母上が大変だったと思う。産んでくれて有難う。」
と会場にいるお母さんに感謝の言葉を贈ったのだ。

次は世界を目指すとのこと。
岡山県にチャンピオンベルトを持ち帰ってくれると信じる。

     太田 正孝

by masataka2014 | 2014-07-21 21:54 | 正孝の活動 | Comments(0)

牛窓ヨットハーバーをマリンのメッカにできないものか。

本年が瀬戸内海国立公園指定80周年になる。

岡山県も美しい海を活かした事業を展開するべきであると考える。

幸い岡山県には牛窓ヨットハーバーがある。ここをもっと活かすべきである。

c0326333_07174880.jpg

しかし、ここの利用者数が増えない。

これほど美しい場所なのにどうして増えないのか。

増やすための方策は何かないのか。

どうにかならないかと思い、

過日専門家の意見を伺った。


ヨットの販売台数が相当落ちている。ヨットを持っている人は高齢の人が多い。若い人が購入してもらえるようにならないと、マリンスポーツの明日はないと断言されていた。


まず若い人にマリンスポーツを身近に感じてもらう為にはまずヨットで遊んでもらうことから始めようということで、レンタル事業を始めたそうである。これは東京都と阪神地区が中心である。現在では会員制度を始めて軌道に乗りつつあるということであった。しかし、地方では都市部のような勢いがないとのことである。


その地方で、とくに瀬戸内で何か動きはないかと尋ねると、間髪入れず、広島県は頑張っていますねとの言葉が返ってきた。広島県は積極的に「海の駅」を作っているのだ。この「海の駅」を説明すると、

「海の駅は、海が持つ様々な魅力をご提供しています。海からの入り口として、ビジターバースをご用意。もちろん、陸からのご来場も大歓迎です。レンタルボートを備えているところも数多くありますので海に出て釣りやクルージングを楽しんで頂くこともできます。海の幸を満喫したり温泉でゆっくりくつろいだり。地域の特徴を活かしたおもてなしもご用意しております。」

という所なのだ。


広島県知事は瀬戸内海クルージングも考えていて、海の駅をたくさん作っているのだ。

岡山県はまだ三箇所だけだ。

広島県のその戦略はなかなか面白いように思う。そして、それが浜松まで発信されているのだ。これぐらいの活動量がなければ、活性化は起こらないのではないかとも感じた。


岡山県はさてどんな戦略で岡山県の海の魅力を出そうとするのか。これは岡山県にとってとても大切な話だと思う。


        太田 正孝


by masataka2014 | 2014-07-21 07:23 | 正孝の活動 | Comments(0)

岡山大安寺旋風よ、再び!!

c0326333_19430949.jpg


岡山大安寺高校・岡山大安寺中等教育学校連合チームとして出場している夏の甲子園岡山地方予選。


c0326333_19424891.jpg


今日は延長11回サヨナラ勝ちです。

c0326333_19423451.jpg

私は0―3で劣勢の時点で帰ってしまった。
見事なサヨナラ勝ちを見れなくて、
残念であった。

c0326333_19435256.jpg

でも勝ったので次がある。
次は7月22日午前11時半から倉敷マスカットスタジアムである。
対戦相手は城東高校である。

この連合チームは今年で最後である。
来春、岡山大安寺高校は50期生が卒業して閉校する。
この秋からは中等教育学校の単独チームになるのである。

今日球場に岡山大安寺高校の校旗が大きくはためいていた。
一日でも長くこの桜の花に「高」のある旗をたてて欲しい。

c0326333_19433979.jpg

大安寺旋風が既に起こっていると私は思っているが、
その旋風よ、もっと大きいものになって!!

      太田 正孝


by masataka2014 | 2014-07-20 20:00 | 正孝の活動 | Comments(0)

高農のA果実「完熟トマトスイーツゼリー」はとても美味しいです。

岡山県立高松農業高校が模擬会社を作っています。
その会社の名前は「あかなす」です。053.gif
この会社の由来を聞くと、へぇ~って思ってしまいました。
トマトには「赤茄子(あかなす)」という異称があり、
その異称と「A科成す」という意味をかけあわせたというのです。
このA科って分からないという人もいると思います。
高農の農業科学科の呼称がA科だそうです。
面白いの名前の付け方です。
そしてこの会社(高農の農業科学科【A科】)が「アイコ」という品種のトマトを栽培しています。
それで、このトマトの名前も高農のA果実にしたと聞きます。035.gif
高校生の発想はユニークです。060.gif

前置きが長くなってしまいましたが、
今日この高農のA果実を使った「完熟トマトスイーツゼリー」を食べました。
「アイコ」という品質のプラム型のトマトが丸ごと入っていています。
これがとても酸味と甘みのバランスが良くて美味しいのです。
c0326333_21562080.jpg


高校時代からこういうチャレンジをしているのはとても良いことだと思います。058.gif



c0326333_21563725.jpg
様々なカタチで岡山のおいしさを全国に伝えていきたいものです。058.gif

          太田 正孝


by masataka2014 | 2014-07-19 22:05 | 正孝の活動 | Comments(0)