ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

12月12日の一般質問から―市町村事業への負担金について―

 市町村主体の事業について、県が負担金を出すケースがあるものの、その数は多くありません。それでは、出している場合、どれくらいなのか、気に掛かる所です。全てを調べ切った訳ではありませんが、1万人以上の参加者がある市町村主体のマラソン大会において百万円が出されています。調べて、一番高かったのが、5千万円です。
 今回の質問では、市町村主体の事業に対する県の負担金の算出根拠を明確にするべきと求めました。県当局からは、県の関与の度合いや、県内への影響などを勘案して、個別具体的に判断するとの回答がありました。
 しかし、ある案件で、事業の内容が決まっていないにもかかわらず、参加を決め、多額の負担をしようとしています。
 私は整合性がとれていない行動をとっていると思えて仕方がありません。137.png

                                         太田 正孝

by masataka2014 | 2017-12-14 22:58 | 正孝の活動 | Comments(0)