ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

警察官の体調管理について

  今日は警察官の体調管理について書きたい。


 平成28年度の県警本部は、倉敷での教育相会議の警備やおかやまマラソンの警備、交通事故死減少などに努めた。大切な仕事をしてくださっている。


こうした活動を支えるツールとして、現在ITが活用されている。警察官の居場所がPITシステム(岡山県警を使用しているITシステムの呼称)によって管理され、パトカーから映像情報が関係機関に送信されるシステムも導入されている。もちろん、これらは統合されていて、24時間、事件事故解決のために、動いているのである。

こうした環境で仕事をするということは、どうしても、警察官の仕事は益々厳しく管理されることになる。

ついては、警察官の健康管理に注意を払っておかなければならない。平成28年は、3800人が年二回のチェックを受けている。多くの警察官は心身ともに健康であったが、どうしても休まなくてはならない警察官もいた。平成28年は、長期休業者が29名、休職者が17名であった。

この9月定例県議会後から、県警本部庁舎新築工事に取り掛かっており、これから職場の高度化がさらに進むことになる。警察官がいつも心身とも健康に仕事に臨めるように、健康管理の取組を強化していかなければならない。そのことが、本県の治安向上、交通事故の撲滅等につながると信じる。174.png


                                                     太田 正孝


by masataka2014 | 2017-11-04 16:08 | 正孝の活動 | Comments(0)