ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

講演で、ウィリアム・アーサー・ウォードの言葉を紹介していただいて。

 今日参加した講演会のなかで、牧師のウィリアム・アーサー・ウォードの言葉を紹介していただいた。教師の姿を上手く言い当てている言葉である。その言葉は、


普通の教師は、言わなければならないことを喋る。

良い教師は、生徒に分かるように解説する。

優れた教師は、自らやってみせる。

そして、本当に偉大な教師というのは、生徒の心に火をつける。


というものである。


 あらためて、良い言葉であると思ったのだが、皆さんが出会った先生はどういう先生だったでしょうか。

 ところで、現在は言わなければならないことも言えない環境があったりする。こういう状況では、普通の先生になることさえ難しい。これでは、子どもがかわいそうである。こういう障壁を取り除くことが、まず求められる仕事である。173.png

                                                       太田 正孝


by masataka2014 | 2017-11-02 20:40 | 正孝の活動 | Comments(0)