ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

全県学区・学区制のいずれの普通科高校も求める生徒像は同じである。

平成30年度の全県学区の普通科高校が求める生徒像が県教委ホームページに掲載されているが、そのなかで、二校のものを紹介する。


177.png 一つは、

○ 自分自身の適性を見いだして自分の進路を実現するために努力できる生徒

○ 大学などの上級学校への進学を目標として学力向上を目指して積極的に取り組む生徒

○ 部活動や生徒会活動、ボランティア活動などさまざまな学校行事に自発的に取り組む意欲のある生徒

○ 基本的な生活習慣と社会性を身に付け、地域や社会に貢献できるようになりたいと考える生徒


177.pngもう一つは、

○ 何事にも積極的にチャレンジする進取の気性を持ち、自主的・自律的に行動することができる生徒

○ 学校やクラスの中で、お互いの立場を考え、協力して助け合う気持ちを持った生徒

○ 自ら見つけた課題について探究していこうという意欲のある生徒

○ 生徒会活動や文化的・体育的な活動に熱心に取り組んだ経験を持ち、今後その経験を生かしていこうとする生徒


177.pngこの全県学区の普通科高校とは違い学区を設けている、ある学校の求める生徒像は、

○ 基本的な生活習慣・学習習慣が身に付いている生徒

○ 学習意欲があり、自ら学んでいこうとする姿勢を持ち続けられる生徒

○ 生徒会活動・部活動等に熱心に取り組んだ経験があり、入学後も様々な活動に積極的に取り組んでいこうとする意欲のある生徒

である。


この学区を設けている学校と、全県学区の紹介した二校とでは、「意欲」、「部活との両立」は共通していて、「学習習慣」については言い方の違いこそあれ、同趣旨の内容を含んでいる。162.png

 全県学区普通科と学区のある普通科とは何が違うのだろうかと考えるが、学校が開設された時期だけでなく、もっと分かり易い説明が必要である。

 また、全県学区普通科と学区を持つ普通科が共存する理由も、これまで十分説明されていない。

 こうしたことを明らかにして、今後の高校の在り方をまとめることを県教委に求めて行きたい。174.png


                                                           太田 正孝


by masataka2014 | 2017-10-29 21:14 | 正孝の活動 | Comments(0)