ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

逢沢一郎さんが吉備高原都市のことを取り上げて。

  逢沢一郎さんが、ご自身の出陣式で、吉備高原都市のことに触れられた。聞いた時、びっくりした。その吉備高原都市は岡山県が力を入れてきた人工都市である。この人工都市の建設理念は長野知事が提唱した「人間尊重福祉優先」である。その理念に再び輝きを持たせたいと思って、建設凍結中の吉備高原都市のことについて、岡山県議会総務委員会で盛んに取り上げている。そして、先日の総務委員会で、私が質問していたことについて、県当局から回答をいただいた。ここでは長くなるので、ポイントのみ書くと、10年後もしくは20年後の吉備高原都市の将来像をどう描いているのかという主旨の質問をした。答を聞くと、現時点では、明確な将来像は描き切れていない。このままでは、これまで作り上げてきた医療・福祉機能を維持できるのかどうか心配をしている。それどころか、超高齢化になり、その後は人口減少が急速に進むのではないかと不安を覚える。
 こうした拠点都市ですら、存続できないとするならば、拠点を持たない中山間地域はさらに危ないのではないだろうか。
 吉備高原都市について、これからも取り上げ、存続できるように頑張り続けたい。174.png

                                                                                     太田 正孝

by masataka2014 | 2017-10-14 22:49 | 正孝の活動 | Comments(0)