ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

子育てサロンのお話を聞いて。

 教育事務所主催の研修会を覘かせていただいた。テーマは家庭教育支援で、とても興味の惹かれるものだ。

 二つの講演を聞くが、どちらも内容が濃くて、有益な内容である。そのなかでも、耳に残った話を紹介したい。

 発達障害の子どもがいて、子育てに悩んでいた、あるお母さんが、講師の関係する子育てサロンに通っていたそうだ。よく足を運ぶ彼女のことが心配でとても気に掛かっていたのだが、顔を見かけ出してから、一年に未だならない頃、彼女は妊娠をした。講師はそのことがとても嬉しかったと話されていた。

 その理由は、彼女が、子育てサロンでいろいろなお母さんと知り合う中で、現実を前向きに捉えることが出来るようになり、もう一人子どもをもうけたいと気持ちにまでなってくれたことである。

 いま、たくさんの子どもをもうけることが少なくなってきている原因の一つが、最初の子どもが障害のある子どもで、現状を受け止めることで手一杯になってしまっていることも挙げられるのではないだろうか。こうしたケースは意外と多く、その場合、次の子どもを躊躇うという。

 それが、彼女は同じ子育ての仲間と出会って、話をするなかで、悲観的な考え方を捨てることが出来たのだ。

 考えてみると、困った時、一人で考えてみても、解決策を見いだせないことが多いが、周りに相談すると、意外と早く答えに出会える時がある。仲間という存在は真に有難い。177.png

 それが、周りと人間関係を構築できずに寂しい思いをしている人が増えてきている。子育てについての知識もなく、どこにも相談できずにいるのだ。そうした人の相談を積極的に受けて行こうというのが、子育てサロンである。とても大切な役割をはたしていることを再認識させられた。

 今後は、こうした相談が出来る箇所を増やすことで、前向きな考え方に変わることができる人が増えるのではないかと期待する。177.png

 

私は、子育てについて、子育てはプラスのことが多いし、そのことをと若者に是非とも伝えたい。177.png



                                                        太田 正孝


by masataka2014 | 2017-09-28 22:08 | 正孝の活動 | Comments(0)