ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

道路標示に関して―岡山県議会一般質問の中から―

c0326333_21133763.jpg


 台風18号による雨と風が激しくなってきています。気をつけて頂きたいと思います。本日は、岡山市長選挙、総社市議会議員選挙の告示日でした。そして、国政でも解散の風が急激に吹き始めました。政治に対する信頼が揺らいでいるなか、早く回復をさせなければとの思いを強くしています。


 さて、今日は昨日に引き続き、交通安全に関することについて書きます。

 今日も夕方から河川、用水の増水の状況を見て回っていますと、道路に、轍が出来たり、凸凹が出来ていたりと路面状況があまり良いとは言える状況でないとあらためて感じました。日も暮れていましたので、止まれや横断歩道のラインも、そもそも薄くなっていたりする所は、余計に見難い状況となっていました。これは危険な状態です。この件を、9月12日の岡山県議会一般質問で取り上げているのですが、その時の回答を紹介します。

 知事は、道路パトロールによる日常点検により、事故につながるおそれのある轍や亀裂を早期に発見し、計画的に路面性状調査などをし、効果的な道路管理に努めているところであり、今後は収集した亀裂などの路面情報を道路パトロールに活用するなど、予防保全の観点から、より適切に道路管理を行うと道路管理の在り方についての考え方を示されました。

 また、県警本部長は、県警で管理している道路標示は、一時停止の標示約22000箇所、横断歩道の標示約11000箇所をはじめ、現在約48000箇所があり、道路管理者と連携をとりながら、計画的に点検・補修を行っている所であり、見え難いと把握したところは、速やかに補修を行うように努めているところであるとの報告がありました。県民の生命を守るために、是非とも徹底して欲しいと願います。県議会から、この点について、これからも見守り続けていきます。158.png


                                                           太田正孝


by masataka2014 | 2017-09-17 21:16 | 正孝の活動 | Comments(0)