ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

今日の全国学力テストの結果発表を聞いて。


 本日は、岡山県議会決算特別委員会で、企業局の平成28年度決算を承認した。今後、9月定例県議会で採決が行われることになる。

 この件ともう一つ、今日大きなことがあった。全国学力テストの結果の発表があったのだ。ただし、今回から、発表の仕方が変わった。都道府県の競争が激しくなってきていることを踏まえて、発表に工夫がなされたのだ。そうしたなか、岡山県の独自分析で、小学校6年生、中学校3年生の順位を発表した。その発表によると、小学校は昨年の25位から19位、中学校は41位から34位に成績が上がったのだ。この報告を聞いて、子どもたちと多くの関係者の努力が実ったということについて、良かったと思うと同時に、国が懸念するように、順位競争ばかりに目を向け過ぎてはならぬとも強く感じるのだ。なぜ、こうした結果になったのかという因果関係にもっと目を向けるべきである。

 現在、小学校は全科目で全国平均以上であるが、中学校では全科目で全国平均以下である。この原因との一つとして、家庭での学習時間のことが指摘されている。小学校時よりも中学校時の方が家庭の学習時間が減るというデータが報告されている。小学校で出来た家庭での学習習慣が、中学校では続いていないのだ。

 この件をもっと深く分析するとことが必要であるが、既に分析をして、この件を克服しようとの取組をしている中学校もある。良い取組をしている学校の取組を、今以上に広げることをもっとすべきだ。169.png

                                  太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-28 21:34 | 正孝の活動 | Comments(0)