ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

今日も吉備高原都市のことを書きます。

 今日も吉備高原都市のことについて書きたい。そう思うのは、今日も出来事があったからだ。今日は、岡山県議会総務委員会で、吉備高原都市の進んできた経緯と平成293月に示された都市マスタープランの概略についての説明があった。当初、この構想では、3万人の人口目標が掲げられていたが、今の昼間人口は約4千人とのことだ。そして、新たなマスタープランの中では、ここでも急激な人口減少があるような書きぶりもあるのだが、10年後、もしくは20年後の人口はどのような見通しなのか、吉備高原都市を担当する課からは、明解な答えをなかなか聞かして頂けない。そこで、県が今後の人口見通しを立てている人口ビジョンのもとに、県の土地利用計画(この中に、個別の吉備高原都市構想も含んでいる)を作成しているのではないかと質問を変えると、これまた、そうでもないように受け止めることができる答えが返ってくる。

人口ビジョンも県の土地利用計画も、県の中で大きな話である。それらが当然関係しあうはずだと私は考えるのだが、果たして一体どうなのだろうか。私の疑問は深まるばかりだ。

                                      太田 正孝


by masataka2014 | 2017-08-25 22:48 | 正孝の活動 | Comments(0)