ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

良い取り組みを広めよう―教育再生について―

c0326333_09441853.jpg



昨年の全国学力テストの岡山県の結果は、小学校が25位、中学校が41位であったが、今年の結果がまもなく発表される。

ここで、小学生の結果は上昇傾向だけれども、中学生は上昇傾向を見ることができない理由はどこにあるのかを考えておく必要がある。

現在、家庭での勉強時間が小学校6年生よりも中学校3年生が少ないという調査結果がある。これでは学力は伸びない。

それでは、小学校までに身に着いた学習習慣が、なぜ中学校になったら、変わってしまうのだろうか。

家庭は変わらないのだから、家庭以外での理由になるのではないかとの推察が一つ成り立つ。

小学校と中学校で何が違うのだろうか。県内のある中学校で、同じ地域の小学校の結果よりも高い結果を残したところもある。その中学校の校長先生に話を聞くと、どのようなことをしたかをハッキリ言われる。校長としての考えをしっかり持ち、それを実践する力を持っているのである。

 長時間勤務をせざるを得ないような状況など様々な課題が学校の中にあり、そのなかでも、結果を変えている学校があることは、とても考えさせられる。こうした学校を増やしていくことを県教育委員会はするべきである。また、職場環境も改善にもっと取り組んで、イキイキとした先生ばかりにすることも忘れてはいけない。

 問題意識は浸透しているので、今は良いものを広めていく段階にある。良いことをし続けていきます。169.png

                                 太田 正孝


by masataka2014 | 2017-07-29 09:44 | 正孝の活動 | Comments(0)