ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

おかやまマラソンについて(6月定例県議会代表質問のなかから―その4)

c0326333_08222016.jpg



 六月定例県議会代表質問の中から、今日もそのやりとりを一つ紹介させていただきます。今日は今年11月12日、日曜日に開催される第三回おかやまマラソンについてです。


 おかやまマラソンは、中四国最大規模の都市型マラソン大会であり、前回大会は、約16,000人のランナーが参加し、約15億円の経済波及効果があったと推計されている。

 本年度開催の第3回大会は、前回大会を大幅に上回る約30,400人の申込者数となった。

おかやまマラソンは、観光スポットや特産品など本県の魅力を情報発信し、認知度の向上を図る絶好の機会でもあり、県境を越えた交流の輪を広げるとともに、県外からの積極的な誘客を促進し、地域の活性化につなげていくべきと考える。

 大会を盛り上げるためにも、「岡山らしいおもてなし」により、多くのランナーに喜んでいただき、愛されるマラソン大会にしていくことが、何より大切です。第3回大会をより素晴らしい大会とするため、今後、どのように工夫し準備を進められるのか、知事に訊ねた。


 知事からは、ランナーから特段に評価の高い、高校生等による沿道応援イベントのスポットの拡充を検討するなど、さらに工夫をこらしたい。また、託児サービスの新設やボランティアの効率的配置などの改善に取り組む等との回答があった。


 このおかやまマラソンについては、代表質問戦のあとの一般質問で、今のままの運営体制でしていくのかどうかの質問もあったところですが、改善に改善を重ね、より一層良い大会になるように、そして、今年のおかやまマラソンを成功させなければなりません169.png


                                   太田 正孝


by masataka2014 | 2017-07-28 08:24 | 正孝の活動 | Comments(0)