ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

後楽園の魅力づくりについて(6月定例県議会のなかから―その3)

c0326333_07121673.jpg


今日も6月定例県議会、代表質問で取り上げたことを紹介させていただきたい。今日は、後楽園の魅力づくりについてです。質疑の主な内容なやりとりは次の通りです。


岡山後楽園の平成28年度入園者数は、昨年のキャンペーンに合わせて開催した春の幻想庭園等の賑わい創出事業や、旺盛な訪日旅行を背景とした外国人旅行者の増加により、前年度比7.9%増の約88万2千人となり、うち外国人入園者数も前年度比26.2%増で過去最高の約12万4千人となった。

 しかしながら、岡山後楽園の入園者数が着実に増加している一方で、入園者の滞在時間は短いままとなっている。入園者のニーズを的確に把握し園内にとど留める工夫が必要であり、単に「見る」だけではなく、「食べる、体験する」などの魅力づくりを行い、滞在時間を延ばすとともに、リピーターを増やし、入園者の増加につなげていく必要がある。また、近年の入園者の増加傾向を確かなものとするため、岡山後楽園のブランド力向上を目指し、庭園の魅力や歴史的価値の本質を効果的に発信する必要があると考える。

 今後、さらなる魅力づくりにどのように取り組まれるのか、知事に訊ねた。


 知事からは、地域の魅力を売り込む戦略的なプロモーションや、体験型メニューを盛り込んだ滞在型旅行商品の開発を行っていく。また、後楽園の幻想庭園や旬彩市場が一層賑わうように創意工夫を重ねるとともに、和文化に触れ体験できるプログラムをあらたに開発し、小学生や外国人に楽しんでいただくなどにより、滞在時間がさらに延びるように取り組んでいくなどの回答があった。


 伊原木知事が力を入れている一つがこの岡山後楽園の魅力づくり。更なる魅力アップで、岡山全体のイメージアップにもつながればと期待し、県議会からも後押しをしています。169.png


                                      太田正孝


by masataka2014 | 2017-07-26 07:19 | 正孝の活動 | Comments(0)