ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

子どもたちに教える前に大切なものについての考察。

c0326333_23224570.jpg


先日、世界的に有名なサッカーのコーチが日本の子どもたちを指導するという設定のテレビを見た。この番組は、センスや力がある子どもたちが多くいながら、実力を十分発揮できないチームを鍛えていくという流れで進んでいく。長身で運動能力も高いが、気が優しく、シュートチャンスと思える場面でもパスをしてしまうエース候補は、コーチの言葉によって、積極的なプレーに変わり、チームを引っ張っていくようになる。この子だけではない。みんなが、自分が何をすべきなのかを考えながら、プレーをするように変わっていく。コーチの指導力に感服するばかりだが、子どもたちの成長からエネルギーをもらっているとの言葉に、さらに感動してしまう。続けて、「みんな、私の子どもです」と語る。この人は凄すぎると唸ってしまった。

全員が自分の子どもと言い切るというのは、自分の子どもと全く変わらないように愛しているということだと、私は考える。だからこそ、どう悩み、どう苦しんでいるのかが分かり、だからこそ、的確な言葉を持って、子どもに合った指導ができるのだ。子どもたちに教える人の最も大切なことが、この言葉に詰まっているように思う。そして、そこから子どもとの信頼関係ができると感じる。この番組を見て、とても考えさせられた。169.png

                                    太田 正孝


by masataka2014 | 2017-07-09 23:23 | 正孝の活動 | Comments(0)