ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

教育再生は信頼関係構築から始まる。

c0326333_22122943.jpg

 教師をしていると知人から興味深い話を聞いた。全国学力テストで答えが書けずに、すみませんという生徒がいるというのだ。それはどういうことだろうかと、私の頭の中を一生懸命働かせる。先生が一生懸命教えてくれたところなのに、解けなくて悔しいということだろうか。とにかく、先生との信頼関係が出来ていることは間違いない。この信頼関係構築が人と人の間の中で一番大事なことである。これが出来て初めて相手の話を聞く耳を持つのではなかろうか。そう考えると、信頼関係ができなければ、いくら良い話をしても相手の耳には入らないのである。自分の経験からしてみても、相手を信頼していたり、尊敬していたりすると、その人の言葉はよく耳に入るものだ。この生徒のように、「すみません」ということが言えるということは、今できなくても、しっかり聞き続けることができるだろうから、いつかは解けるのではないかと、私としては前向きに受け止めることが出来る。

 現在、全国学力テストが続けられているが、結果に一喜一憂するのではなく、どうしてその結果になったのかという経過をつかむことの方が大変重要である。先生には経過分析の援助をして、子どもたちの学習意欲が湧く土台を作って欲しい。今回、こうしたことを考えていて、信頼というものが出来て、初めて、学力が身につくことを知る。

 学ぶ時、素直さが必要ということが良く説かれるが、素直さは信頼の中からしか生まれないものである。先生には、生徒との間の信頼関係構築がバッチリという人も多いであろうが、そうでないケースも耳にする。信頼構築こそ教育再生の第一歩ではなかろうか。

                           太田 正孝


Commented by 大森 茂 at 2017-03-01 15:42 x
「信頼」信じて頼る、と
「信用」信じて用いる、と表裏ですね。
Commented by masataka2014 at 2017-03-03 21:27
そう思います。信がなければ、何も出来ないと思うような歳となったとつくづく感じています。
by masataka2014 | 2017-02-28 22:12 | 正孝の活動 | Comments(2)