ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

グローバル化に対応した教育の推進(事業費4,821万円)

c0326333_18195182.jpg



伊原木知事は、一期四年間、義務教育期間中の学力問題、問題行動、不登校等について熱心に取り組んできたが、二期目に入り、得意分野のグローバル化への取り組みの度合いが高まり、教育の中でも、世界を舞台にグローバルに活躍できる人材の育成や、地域にいながら世界と繋がりグローカルに活躍できる人材の育成、グローバル化に対応した教員の育成に力を入れていきたいと、新年度予算案の中でも、4821万円を計上している。具体的な中身は次の通りである。


◎岡山の高校生留学支援事業

留学コーディネーターの配置等による海外姉妹校提携の拡大や留学説明会の開催、留学手続きの補助などの留学支援を行うとともに、留学に必要な経費を支援するための留学支援金を支給し、海外留学の促進を図る。


◎中学生英語4技能育成研究事業

中学生を対象に英語4技能(聞く・話す・読む・書く)を測定する民間試験を実施し、結果の分析・検証を行い、生徒の英語力と教員の英語指導力の向上を図る。


◎国際バカロレアの導入に向けた研究


◎英語指導パワーアッププロジェクト

英会話スクールなど民間の力を活用して、教員の英語力や英語指導力の向上を図る。


◎英語指導エキスパート派遣事業

指導力のある退職教員等(英語指導エキスパート)を派遣し、中学校の英語の授業改善を図る。


◎ネイティブ・スピーカーの採用

県立学校にネイティブ・スピーカーを採用し、児童生徒及び日本人教員が生きた英語に触れる機会の創出を図る。


◎教員の海外派遣の推進

国の「G7倉敷宣言プログラム」を活用して教員を海外に派遣し、グローバルな視点から教育できる教員の育成を図る。

                                         太田 正孝


by masataka2014 | 2017-02-18 18:20 | 正孝の活動 | Comments(0)