ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

高校生の将来への悲観を取り除こう。

c0326333_10104010.jpg

 


 昨日のNHKスペシャル「見えない、貧困」を見ていたら、千葉県の高校生に対するアンケート結果が報告されていた。ビックリしたことは、進学に向けて、アルバイトをしている高校生も多いということだ。なかには、いくらバイトしても、進学資金を十分貯めることができずに、仮に合格しても、入学後からしか奨学金は受けられないことから、差し当たりの入学金を納めることができないと悩む高校生もいる。その高校生に進路指導の先生は政府系金融機関の教育ローンを紹介するのだが、大学卒業して百万円単位のお金を払うことができるのだろうかと悩みを更に深め、涙を浮かべ職員室を退室するシーンが映し出されていた。大きなお金を稼いだことのない高校生には考えられないような額だ。現状では、なかなか救うことが出来ず、番組では、将来を悲観する子どもたちも多いとも報告していた。私も受験生の親であるが、大学となると、大きなお金がかかると痛感する。それも行きたい大学が県外にしかない場合は、頭を痛めてしまう。私は、学業よりもアルバイトが生活の中心になるようなことがあってはならないと考える。こうした状況を改善するように、もっと力を入れなければならない。


                                      太田 正孝




by masataka2014 | 2017-02-13 01:44 | 正孝の活動 | Comments(0)