ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

子どもたちの居場所を増やしたい―学童保育への取組から―

 

c0326333_08144126.jpg

 



 友人から学童保育の話を聞かせてもらった。学童保育は放課後児童クラブとも呼ばれているが、小学校の一日の授業が終わった後、留守家庭の子どもたちを受け入れる仕組みのことで、一般に受け入れ場所としても、この呼び方が使われる。この学童保育がある小学校は、25年前は友人の住む市内には少なかったという。それが、昨年、市の中にある全ての小学校にできたというのだ。25年のなかで、緩やかかもしれないが、確実に大きな波になっていることをこの話からも窺えるし、今では政府までもが学童保育の充実を訴える時代になっている。友人は、学童保育について、続けて、「法律で6年生まで受け入れることに変わったので、全ての小学校で6年生まで受入が出来るようにしたい。」と夢を言うのだ。寂しい思いをする子どもを一人でも少なくしたいとの思いが、こちらまで伝わってくる。寂しくしている子どもがいなくなることを願って、頑張れば、必ず、その日が来ると信じる。私もその日が一日も早く来るように頑張っていくことを誓う。

                                    太田 正孝



by masataka2014 | 2017-01-18 08:16 | 正孝の活動 | Comments(0)