ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

岡山市所管の教職員給与の負担者の変更に当たって考えること。

c0326333_08160028.jpg

来年度に岡山市所管の教職員給与の負担者が岡山県から岡山市に替わり、人事権も給与負担も一元化される。平成29年度は本県教育行政の大転換点になるものと受け止めている。


そこで、11月定例県議会でこの移管に関して尋ねた。

一点目。岡山市分が抜けた後の教育行政については、公立小・中学校の正規職員11,271名(平成28年)から3,484名(平成28年)の給与負担等が移管されるということは、知事部局全員がいなくなるような感じである。県教育委員会について、パフォーマンスを落とさずに、どれくらいまで人員を削減する考えなのかと質問した。この点は検討中ということである。


二点目。中学校の35人学級化するに当たって加配されていた単県教員の給与負担について、これは従前通り、県が負担するのかを尋ねた。今後は岡山市が負担するとの回答であった。


最後の特別支援学校について。市独自で運営している市もあるが、岡山市内の特別支援学校については、今後どのようになっていくのかと尋ねた。これまで通り岡山県が運営するということであった。


私としては、移管が円滑に進み、岡山市の教育行政が充実することを切に望む。


                                   太田 正孝


by masataka2014 | 2016-12-19 08:26 | 正孝の活動 | Comments(0)