ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

グローバル化についての考察(8)


c0326333_16323148.jpg

杉田玄白は解体新書に翻訳する際に「神経」「軟骨」「動脈」「処女膜」などの新しい言葉を造り、また、宇田川榕庵の養父玄真は 『腺』『膵』という新しい字まで造くり、どちらも今日でも使われている。彼らの創造力を生み出したものは何なのか。能力の高さの上に、必死に勉強を重ねた結果ではなかろうか。遣り抜く力こそが、いつの時代も求められていると思う。


                                   太田 正孝

                               


by masataka2014 | 2016-07-14 23:33 | 正孝の活動 | Comments(0)