ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

グローバル化についての考察(4)

c0326333_06490649.jpg





 グローバルについて色々考えてみたが、グローバルとはとても難しい問題である。ましてやグローバル人材となると、そもそも人材育成には、中国の古い言葉「一年樹穀、十年樹木、百年樹人」を引き合いだすまでもなく、長い時間がかかると言われていて、周りの人がグローバル人材となる日の設定についてはゆとりを持つべきである。ついては、まず、何を教育すべきなのか、この点を明確にするべきである。以前に哲学が持つべきと書いたが、生きる目的を考えることも必要ではないかと思う。そうしたことを考える時間が、私が子どもの頃も余りなかったし、私の子どもも、そうしたことを考える時間が学校のなかでなかったように感じる。総合学習の時間はあるものの、こうしたことを考えるプログラムをつくるべきと考える。


                                        太田 正孝


by masataka2014 | 2016-07-10 18:05 | 正孝の活動 | Comments(0)