ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

グローバル化についての考察(3)

c0326333_08010146.jpg



 グローバルという言葉から、グローバル化、グローバル人材という意味を考えてきたが、何故グローバルを求めなければならないのかということである。


 この理由を探る時に、直ぐに思い当たるのが経済についてである。経済が国内だけでもアメリカなどの特定の国との関係だけでも成立しなくなり、世界中の国々との関係の中から動くようになり、国内企業の目は世界の動きに目が行くようになった。ボーダレスという言葉が使われた時もあったが、今はグローバルと言われている。日本では、こうした言葉は経済の面から使われるようになってきていると思う。経済が安定しなければ、安定した生活を送ることはできないのであるから、当然である。しかし、それだけで、安定した生活を送ることができると考えるのは早計ではなかろうか。


 私は、文化芸術が何故発展してきたのかを考えてみたいと思う。文化芸術によって、精神の成長があり、精神の安定を得ていると考える。だからこそ、人は文化芸術を欲している。とくに自国の文化芸術にふれた時に、自分のアイデンティティを感じる。アイデンティティは自分を支えるものとなる。


 世界がいくらグローバル化しようとも、自分が何者なのかという自己のアイデンティティを持ち続けたい欲求は必ず生まれてくる。ただし、そのアイデンティティはつくられていなければ、持ち続けることなど到底できない。このアイデンティティをつくり、育む教育を、今の日本はしているのだろうか。

 今日は、参議院議員選挙の最終日である。日本を取り戻すために頑張り続けたい。みなさん、明日はぜひ投票してください。

                        太田 正孝


by masataka2014 | 2016-07-09 08:24 | 正孝の活動 | Comments(0)