ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

交差点が狭くなっているのは、どうして?(ビトリア編)

c0326333_23553523.jpg




岡山県内にも危ない交差点が多い。
先般、岡山県浅口市ではランナバウトという信号機のない交差点が初めて導入をされたが、
良い方法はないものだろうか。
上述したランナバウトについては、スイスのルロック辺りで多く見る。
また、スペインのビトリアでは面白い交差点がある。
その交差点は、交差点付近になると、道路が狭くなる。
これはどうしてだろうか?
よく見ると、道の両側にいっぱい駐車している。
両脇が路上駐車場なのだ。
ヨーロッパはこれが当たり前なのだろう。
ただ、交差点にまで駐車車両があると事故になるので、
ここの部分は道路幅が狭くなっている。
こうすると、視覚的にも怖いという気持ちが湧くであろうから、
ドライバーはどうしても減速せざるを得ない。
これがヨーロッパ的やり方である。
こちらは日本ではなかなか導入は難しいのでは、・・・・
ただし、視覚的に交差点で減速させるという考え方については参考にするべきである。



                              太田 正孝

c0326333_23550851.jpg






by masataka2014 | 2016-05-09 00:11 | 正孝の活動 | Comments(0)