ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

厳しい医師への道。



知人が卒業した医学部の医師国家試験の合格率が94.23%であったそうだ。
医学部に合格すれば、医師に全員なれるようなイメージもあるが、現実は厳しい。
患者の立場からすると、厳しいというのは当然でそうあってもらわなければ困ると思うし、
もしも簡単に医師免許がもらえるようであれば、不安を覚える。
知識、技術だけでなく、人間性も含めて、問題のない人に資格を出して欲しいと願うのである。

ところで、この医師への道の最初の関門は、「医学部に合格すれば」と述べたが、
この合格すればがとても難しい。

今春も大学入試があったが、データを見ると、とても水準が高い。
また狭き門である。
最難関の一つであるここをくぐるために浪人をする人も多い。
人間的に相当鍛えられていなければ、ここを通過していけないように思う。
医師に求められるものが高いのは当然であり、
一度志を掲げたのならば、
その志を成し遂げるまで頑張りぬかれることを祈る。
頑張りぬくことが、医師への第一歩と感じる。

                       太田 正孝






by masataka2014 | 2016-03-21 08:54 | 正孝の活動 | Comments(0)