ニコニコまさたか(岡山県議会議員 太田正孝のブログ)

masa2014.exblog.jp

農地中間管理事業(農地利用権の設定状況について)

c0326333_07021149.jpg


農林水産分野で政府が力を入れている事業の一つが農地中間管理事業である。
この事業は農地の貸し手と借り手の仲介を公的機関が担う事業である。
公的機関が間に入ることによって、
耕作放棄地の拡大防止や農業生産の向上などを図ろうというものである。

理念はとても素晴らしいのだが、
当初は全くといいてよいほど進まなかった。
何故か。一番はこの事業があまり宣伝されてこなかった点にある。
次に、契約の煩わしさにある。
こうした点について県も改善に取り組んでいる。
その結果といういうべきであろう第三回目の農地利用権設定(平成27年2月1日を利用権の始期とした10年間の貸付)が順調に伸びた。
貸付面積15.7ヘクタール、農地貸出者数が25名で、借受者が12名であった。
これで48.9ヘクタールとなった。

今後もこの農地中間管理事業を進めなくてはいかなければ、
今後の農業の先行きは厳しい。
市町村、農業団体の協力も得ながら、
農業に明るい未来を創りたい。058.gif

                太田 正孝


by masataka2014 | 2015-02-20 07:20 | 農林水産業 | Comments(0)